おくのほそ道武隈の松、黒塚を訪ねる

 私のおくのほそ道行き2日目、久富哲雄著「奥の細道の旅」からピックアップし、宮城岩沼の武隈の松と福島安達ヶ原黒塚にした。俳聖の旅程とは逆だが、夕方帰京する私の都合。いずれも奥州街道沿いで、現在ではJR東北線で訪ねられる。宿泊先飯坂温泉から、飯坂線で福島駅へ出た。

 岩沼武隈の松、竹駒神社 福島駅で仙台行きを調べると、次は岩沼手前の白石行きで、仙台行きはその後の発。スマホで検索したら白石駅から仙台行きがあり、やっぱりと乗車。福島、仙台間は初乗車か。県境で山間を走り、左奥に蔵王、右に船岡城跡を見て白石駅に着き、乗り換えた。岩沼駅前広場で、小さな芭蕉像が出迎えてくれた。2人は5月4日(陽暦6月20日)当地という。駅で武隈の松情報を得ようとしたがなく、大通りへ出て右折し直進。三つ目の信号の先かと行くと、大きな松が見え始め二本あり、近付くと武隈の松(写真上)。説明書きもあり、歌枕で有名になり現在は7代目の松という。カメラに収め、竹駒神社へ。大きな境内で参拝者もある。入口の古石に惑わされ芭蕉句碑が探せない。参拝後社務所で聞いて、ようやく見付け、”さくらより松は二木を三月越し”と刻まれた細長い句碑であった。岩沼駅へ戻り、また白石駅で乗り換え福島駅で郡山行きの発車を待つ。車中、読者からメールが来て、妹さんと、おくのほそ道を歩いた過去の私の記録を出して見ているという。余りの偶然に驚きながら、昨日からほそ道を歩いていると返信した。

 徒歩で安達ヶ原黒塚へ 次は二本松市の安達ヶ原黒塚。アクセスが悪く、色々調べたがJR安達駅から歩くことにした。駅間の距離から2.5km程度と見当。安達駅に降りるとホーム案内板に黒塚2km、徒歩20分とあり、ニンマリ。改札で方向を尋ねたら五重塔が目印で観世寺へ徒歩40分という。倍である。駅前を田園地帯へ出て農道から川端土手ヘ上がると五重塔がはっきりし出した。阿武隈川堤を行き安達ヶ原大橋へ上がり、袂左手先が観世寺であった。やはり教えられた時間とおり。

 岩屋に驚く 安達ヶ原鬼婆伝説の謡曲が有名で、歌舞伎にもなり、芭蕉達は5月1日(陽暦6月17日)に訪ねたが俳句は残していないようだ。境内に入って岩屋にびっくり(写真下)。巨岩が重なり、それも周囲は山でも崖でもなく、平地の一ヶ所に集中し窟風である。鬼婆の住処で、シャッターを切った。一回りし、黒塚へ。阿武隈川河川敷内にあり、退治された鬼婆の墓。大きな杉の古木が墓標のように聳えていた。
 受付で二本松駅へ徒歩20分と聞き、大橋を渡り二本松市内へ。道順を聞き間違えたようで迂回してしまい、こちらも倍の時間で駅。郡山駅から新幹線に乗り、二本松の地酒奥の松を飲みながら、メモを続けた。奥の松は以前仕事で知った。(2019/06/05 K.K. 1261/1300)

◇日時 2019/5/19  ◇天候 晴 ◇交通費 6,000円 ◇資料 真弓山観世寺『奥州安達ヶ原「黒塚」』 ◇歩数等 26,000歩 19km

「通過時間等」宿泊先8:15=飯坂温泉駅9:05-JR福島駅9:53-同岩沼駅11:10=武隈の松11:20=竹駒神社11:30=JR岩沼駅12:22-同福島駅14:18-同安達駅14:45=安達ヶ原観世寺15:25=黒塚15:40=JR二本松駅16:51-同郡山駅17:30-同大宮駅18:28-三田線新板橋駅19:05-自宅19:30 i

おくのほそ道福島医王寺から飯坂温泉へ

 私のおくのほそ道は、俳聖を追い福島へ脚を伸ばした。奥州街道沿いに多くの足跡を残しているが、アクセスの便から先ずは主な史跡の地を訪ねることにした。一泊二日の予定で、飯坂温泉に宿泊先を確保。初めての温泉で、東京、山形の中間の地にあり、今後は兄達や同級生達と交換する温泉地として利用したいと下見的にと予約した。

 飯坂線初乗車 医王寺は、福島駅から私鉄飯坂線医王寺前駅からである。東北新幹線を福島駅に降り、乗り換えた。飯坂線は初めての乗車で、スマートな車輌。地方私電は都会のお下がり電車が多いが、それではない。
 果樹園地帯を小さな鉄橋を渡りながら走る。水田は田植え済みのようだ。医王寺前駅に下車し、集落の間を医王寺へ歩く。15分程で着き、拝観料を支払い、古刹に参拝し、見学した。

 義経、芭蕉も訪ねた医王寺 医王寺は、826(天長3)年弘法大師開基とある。平安時代、当地を支配していた佐藤基治は子息継信、忠信兄弟を、平泉から平家打倒へ立ち上がった義経の従者として使わしたが、2人は屋島や京都で戦死し戻らなかったという。その後平泉に逃げ延びる際、義経と弁慶は立ち寄り、基治へ兄弟の奮戦を伝え、法要を営んだとある。当寺に3人の墓所があり、これらの故事を知る芭蕉は、1689(元禄2)年5月2日(陽暦6月18日)に訪ねた。

 本堂は古刹とは見えない普通の田舎寺風。手前左に句碑はあるが、もう文字は読めない。隣の立て札によれば、”笈も太刀も 五月にかざれ 紙幟”と詠んだ。参拝後句碑をカメラに収めた。杉並木の参道へ戻り、直進すると右手に、3人の像があり佐藤父子と思ったが、真ん中は義経のようだ(写真上)。奥の薬師堂の裏に、佐藤父子とその妻達の墓所があり簡単に手を合わせ、帰りに宝物殿へ入ると、弁慶の笈が目に付いた。芭蕉が詠んだのもこの笈のことだろう。

 飯坂温泉芭蕉記念碑 医王寺前駅から飯坂温泉へ。飯坂温泉は、有名な温泉地で、狭い山間の地に旅館と歓楽街が込み合うのかなと想像していたが、ゆったりとした温泉地で、飲食店は少なく、山は奥である。観光案内所で情報を得て、少し距離のある宿泊先へ入った。
 芭蕉縁の地は、翌朝訪ねた。駅への途中で、石段を摺上川へ降りた狭い地に記念碑はあった。当地にあった滝の湯で入浴し泊まった記念の地らしいが、現在では、別説があり、昨日温泉街を通った時あった元湯鯖湖湯(写真下)が台頭しているとある。ほそ道記には、土間に筵をしいたような貧しい家で一夜を過ごしたとあるようだ。直ぐ前を摺上川渓谷が激しく流れ、次の桑折へ芭蕉達は舟で渡ったのかと思いを馳せた。駅へ出ると、芭蕉像があった。曽良と一緒の像も多いがここは1人。昨日見逃していた。福島へ出て本日の訪ねるほそ道史跡へ向かうべく福島駅行きに乗車した。(2019/05/31 K.K. 1260/1300)

◇日時 2019/5/18  ◇天候 晴 ◇交通費 6,740円 ◇資料 「医王寺」、「飯坂温泉遊歩マップ」 ◇歩数等 10,000歩 7km

「通過時間等」自宅11:00-JR上野駅12:18-同福島駅14:15-飯坂線医王寺前駅14:35=医王寺14:50/15:30=医王寺前駅15:48-飯坂温泉駅15:55=宿泊先16:40/8:15=芭蕉記念碑8:30=飯坂温泉駅前芭蕉像8:45

横浜港で三塔を眺め、松本清張展へ

 新聞で、松本清張展が神奈川近代文学館で開かれていると知った。若い頃彼の推理小説を良く読んだ。現在も、本棚には文庫本20冊程は残っている。北九州にある清張記念館からの出張展示で、取材ノートや貴重な資料が展示されているようだ。その前に、先日整理し見付かった「横浜三塔物語」(「ザ・ファミリー」08.2.1)をガイドに、横浜港を歩くことにした。

 横浜三塔を眺める 三田線を日吉駅で乗り換え、みなとみらい線馬車道駅に降り、地上へ出た。税関や県庁、そして開港記念館のビルが塔を持つとは初めて知った。日曜日の午前10時、人出も少ないオフィス街を行き右折した先に税関があり、見上げると塔(1934年完成)があった(写真上)。最高部は薄緑の丸形でクィーンと呼ばれているという。アングルを調整しシャッターを切った。少し進んだ右側が県庁ビル。確かに塔はあるがビルが大きく塔の位置が良くない。正門前へ回ると当然ながらはっきり見え、通称キングらしい四角形2階造りの大きな塔(1928年完成)であった(写真中)。後へ下がりカメラに収めた。
 県庁を正面から右へ回り込むと、交差点角のビルに高い塔があった(写真下)。開港記念館のジャックと呼ばれる塔で、一番古く1917年完成とある。車の途切れるのを待ちシャッターチャンスにした。横浜の三塔は、ビルが少ない時代は目印になり、入港する船に安心感をもたらしたという。

 山下公園、港が見える丘 波止場へ近付き山下公園へ。童謡赤い靴の少女像を探すと見付かった。子供の頃から知っていた歌だが、”異人さん”の意味が分からず何のこと思っていたが、後に知った。少し歩くとカモメの水兵さんの歌碑、二度目だと思うが忘れていた。隣のばら園を横切り、山下公園を出た。港が見える丘公園はこちらも再訪だが、大通りから林が茂る丘へ石段を上がった。元フランス領事館があり、フランス山と呼ばれているという。関東大震災で被災し建物跡が残る。案内によると、開港当初はフランス軍も駐留したとあり、ビックリ。そんなこと許されたのは不平等条約の所為か。港が見える丘展望台から眺めたが、カメラを向ける風景はなく、奥の近代文学館へ入館。

 清張小説の思い出 松本清張と言えば、直ぐ浮かぶのは、”ゼロの焦点”や”点と線”、”砂の器”であろう。時代を背景に裏の素性や影、差別をも取り上げた社会派推理小説だったと思う。高齢者達の中、資料を眺めながら、西郷札は西南戦争時発行の紙幣だったことやゼロの焦点の舞台能登金剛を訪ねたがヤセの断崖へは辿り着けなかったこと、新聞連載の砂の器は母親も読んでいたなと思い出していたら予定の倍近くの時間を費やしていた。それでも、夕方の友人の来宅前に帰宅できた。(2019/05/27 K.K.1259/1300)

◇日時 2019/5/12  ◇天候 晴 ◇交通費 1,110円 ◇資料 「横浜三塔物語」(「ザ・ファミリー」08.2.1 ◇歩数等 11,000歩 8km

「通過時間等」自宅7:55-東横線日吉駅9:16-みなとみらい線馬車道駅9:50=横浜税関前10:00=神奈川県庁前10:10=開港記念館前10:15=山下公園10:30=港が見える丘公園10:55=神奈川県立近代文学館11:00/11:45=みなとみらい線元町中華街駅12:03-京急横浜駅12:21-三田線三田駅12:51-自宅13:40

与瀬宿一里塚を探せなかった甲州古道歩き

 大分前に入手したガイド「甲州古道ウォーキング」(JR東日本、2008年)に従い、大月から鳥沢、四方津、上野原と各宿を歩いて、次の吉野から与瀬へは、最初の時は吉野宿で山側へ左折する地点を見過ごし与瀬宿は歩くことが出来なかった(17.3.17)。二度目は相模湖駅から与瀬宿を目指し、貝沢へ進入したが貝沢橋への左折地点を探せず、陣馬山南陵へ出てしまい(17.10.26)、また失敗であった。連休の最終日の今回は、と出掛けた。

 林道から沢を渡り古道へ 相模湖駅に電車を降り、直接貝沢を目指した。途中の与瀬神社前を過ぎ、中央高速下で現甲州街道へ出て、ラーメン店横から林道ゲートをすり抜け、貝沢へと進んだ。甲州古道は沢へ下りて山を越すルートと分かり、林道から分岐する道を探し目を凝らし行くと、沢へ下る荒れた山道がある。念のため先にも無いかと確かめたが見当たない。山道へ進入し下ると直ぐ沢だが、橋はない。流されたのであろう。荒れた道は谷壁にジグザグに続く。谷側には崩れ防止に横木が当てられ古道と確信し、一歩一歩上がり続ける。次第に道は狭まり荒れ状態も半端ではなくなり、崩れ跡や倒木もある。こんな山道本当に殿様達は通ったのだろうか。ここ数年の台風や大雨の影響だろう。一度道を失い戻ると、直進ではなく右折であった。頭上に空がチラチラし始め尾根は近いと感じた時、倒れた樅の大木が目の前に出現し塞ぎ、越すに越せない。やむを得ず薮を直登し尾根へ上がった。薄い尾根道を辿ると社があり、無事通過をお願いする。

 地元でも知らない一里塚跡 尾根の先は直ぐ与瀬の集落と楽観していたが、読みが甘いのはいつものこと。山中の長い下りの山道は最近整備されたような作業道。林道へ下り、林を出ると集落で与瀬だろう。一里塚には出会わない儘、古道越しに難渋して時間を喰い、先ずは一里塚跡へ到達と予定を変更。
 中央通りを行き、地元の御婦人に一里塚跡を尋ねたが知らないとの返事。更に行くと集落端で、甲州古道橋沢の標柱が立っていた(写真上)。折良く古老の方がいて、再度尋ねたが答えは同じ。地元の方が知らないのでは探しようがないと、諦めUターン。
 途中の坂上からの相模湖方面の眺めが良く(写真下)、シャッターを切った。集落横道の入口近くに山側へ分岐する道があったが、先程越した古道との位置が違うと思い、進入せず下り続け、ラーメン店前へ出て、往路をそのまま相模湖駅へと戻った。

 通行禁止の古道越え 駅の棚に、「甲州古道案内図」があり、本日のコースを見ると、古道復活路とあり、通行禁止の×印が手書きで加えられていた。そう言えば、貝沢林道入口ゲートに通行禁止とあり、前回あった甲州古道の標識がなく、少し訝りながら通過していた。車中、4度目のチャレンジの思いは湧かなかった。(2019/05/23 K.K. 1258/1300)                                     

 ◇日時 2019/5/6  ◇天候 晴 ◇交通費 1,030円 ◇資料 「甲州古道案内図 八王子→相模湖→藤野」◇歩数等 19,000歩 14km

「通過時間等」自宅8:00-新宿線神保町駅8:44-JR高尾駅9:37-同相模湖駅10:10=貝沢林道口10:30=貝沢橋跡10:40=尾根上社11:35=与瀬橋沢12:10=与瀬横道12:25=JR相模湖駅13:05-京王高尾駅13:22-三田線神保町駅14:33-自宅15:15

日光に裏見の滝を眺め、芭蕉句碑を探す

 最近おくの細道芭蕉ルートを追っているが、日光で裏見の滝に寄っていると知った。知らない滝でもあり興味が湧き、近くに句碑もあると分かった。調べると裏見の滝はアクセスが悪く、東武日光駅からバスで、その後徒歩1時間先とある。Sさんに、車を相談しオーケーを貰った。感謝である。

 本日は長いGW中の1日で、いつもより早出したが、予想以上に東北高速道の下りの車が多く混み、日光側へ入ったのは予定より1時間以上遅れ。日光安良沢地区から山側へ進入し、狭い道を少し走ると裏見の滝駐車場であった。こんな山奥でも、もう見物者が出ている。入口に立つ案内板に芭蕉も立ち寄ったと紹介してある。

 芭蕉も眺め詠んだ裏見の滝 もう5月だが、この辺りの木々は緑色は薄く未だ萌葱状態で山は深い。山道は、最初から荒れた上急坂の道。崖端の道になり、左は深い谷だが流れは見えない。樹林の間に対岸に流れ落ちる沢が見えたが目指す滝ではない。橋へ下ると正面に滝が現れ、裏見の滝。岩の間に激しく流れ落ちている(写真上)。滝見台があり、カメラを据えた先客達がいた。滝裏へ入れたからの名前だが、その後崩れて今は入れない。そのようなルート跡と石仏が見える。
 芭蕉は、”ほととぎす へだつか瀧の 裏表”と詠んだようだ。2人で眺め、私はシャッターを切った。隣の崖にも広く薄く沢が落ち、こちらの眺めも良い。当滝を巡る故事来歴はなく、歌人等が詠んだ滝でもないのに何故芭蕉が訪ねたのか、多分当地の方に勧められたのかもしれない。そんなことを考えながら滝を離れた。
 安良沢地区へ戻って貰い、安良沢小学校前の句碑を探した。校舎前に見付かりしばらくは 瀧にこもるや 夏の初”と刻んである。少し下ると大谷川畔に大日堂跡がありそこには、”あらたふと 青葉若葉の 日の光り”との小さな句碑で、東照宮参拝時に詠んだという。

 植物園から淵を覗く Sさんを大谷川の含満ヶ淵へ案内する。大分前だが一度眺めたことがあり(05.12.04)、案内パンフを持参している。住宅街から渓谷へと右折したら、地元の方が、橋はなく淵の見物なら隣の東大附属植物園からが良いと教えてくれた。慌ててパンフを見たがそのようで、植物園に入園。シャクナゲが咲く中、園内ルートで淵へ近付くと谷へ突き出た崖上が見晴台。岩場の間を渓流が走り、また大岩に阻まれ淀み、淵になっている(写真下)。狭い範囲だが、眼下の淵の眺めも良く、カメラに収めた。車に戻り、少し走った先のヤシオの湯に浸かり、昼食にした。帰路の東北高速道はスムーズで、往きの半分の時間で高島平であった。Sさん有り難うございました。お陰様で、またおくの細道巡りを加えることが出来ました。
(2019/05/21 K.K. 1257/1300)

◇日時 2019/5/2  ◇天候 晴 ◇資料 久保田哲雄「奥の細道の旅・改訂版」2014年10月,23頁以下 ◇歩数等 9,000歩 7km

「通過時間等」自宅・高島平6:30-日光裏見の滝入口9:30=裏見の滝9:40=同入口10:10-安良沢地区10:20=同小学校前句碑10:30=大日堂跡句碑10:40=東大附属植物園含満ヶ淵11:00=安良沢地区11:30-ヤシオの湯11:40/12:30-高島平・自宅14:15

明治神宮に参拝し早稲田地区を歩く

 今年のGWは10連休で、私は、3月末事務所を退所しずっと連休みたいなものでのんびりしていた。朝、旧友のAさんから電話があり、令和元年初日の本日、明治神宮参拝を誘われた。想定外のことだが、ハイキングでは逆に、急に誘いAさんに付き合って貰うこともあるので、今回はそのお返しと同行することにした。明治神宮だけでは足りないので、都心散策を付け加えたい。歩く先は電車の中で考えることにした。

 明治神宮令和参拝 JR原宿駅に着くと込み合っている。Aさんは見付かり挨拶もそこそこに、神宮の森参道へ入る。これからの参拝者は多いが、既に済ませて帰る方もいる。参道右に長い列が出来ている。御朱印を貰う列で、4時間待ちとの声も聞こえる。令和初日の日付は記念になり、希少価値があるということか。Aさんもそのつもりだというが、これでは難しい。
 深い森の中を進んで本殿前に着くと、大勢が並んで順番待ち状態。外国人も混じる。正月の初詣のようである(写真上)。そうは待たずに最前列へ出て、参拝。いつものように令和時代でも孫達の変わらぬ成長をお願いした。
 この度の御退位は平成天皇らしいと思う。平成天皇は、多くの国内被災地訪問で知られているが、先の大戦の激戦地を屡々訪ねられ、内外人問わず戦場に散った者を慰霊されている。私は、一昨年春の叙勲の際皇居豊明殿で御言葉を戴いた。御元気に登壇され御高齢さは窺えなかったと思う。弟君の常陸宮殿下には、発明功労賞受賞の際、単独で拝謁の栄に浴した。そんなことを思い出しながら、原宿駅前へ戻り、Aさんに別れた。

 関口芭蕉庵また閉所中 転んでもハイキングの私は、地下鉄副都心線で、原宿駅から西早稲田駅へ出て、関口芭蕉庵を訪ねることにした。今春は閉所日に当たり断念していた。副都心線乗車は初めてかと思ったが、池袋駅から横浜駅へ乗ったかも知れない。駅で、早稲田大学方向を確かめ地上へ出て、坂を下る。戸山公園入口を右に見た先で、石段を上がり穴八幡神社へ詣でる。2度目と思うが社殿が新しいように見えた。十字路を渡り早稲田大学キャンパスへ。本日は休校のようで、学生はチラホラ。大隈講堂を眺め、新目白通りへ左折。神田川を渡り関口芭蕉庵前へ出て、入口へ回ると本日閉所の貼り紙。車中、ネットで調べたら開所中とあったのだが。やむを得ず踵を返し、隣の水神社前から、新江戸川公園へ入園。元細川家の大名庭園で、ツツジに期待する。裏門から入ったら、携帯が振動し後輩から電話。休日の筈なのに仕事中で訴訟案件の話し、ご苦労さんである。池回りや筑山裾に切られた遊歩道を一周する。ツツジは僅かに咲いていた(写真下)。都電早稲田駅へ出て、帰宅。電車先頭には日の丸が飾られていた。(2019/05/16 K.K. 1256/300)

◇日時 2019/5/1  ◇天候 曇り ◇交通費 330円 ◇資料 昭文社「東京都市図」2004年4月 ◇歩数等 13,000歩 9km

「通過時間等」自宅9:55-JR巣鴨駅10:38-同原宿駅10:50=明治神宮11:05-腹心線原宿駅11:55-同西早稲田駅12:20=穴八幡神社12:35=早稲田大学西門12:45=関口芭蕉庵13:00=新江戸川公園13:05=都電早稲田駅13:20-三田線西巣鴨駅13:50-自宅14:20

千歳烏山つつじ園に満開の花を巡る

 桜は終えたが花の季節で、先日、都内祢津神社に躑躅が咲いたとの新聞記事を見た。新たなつつじ園を探そうと、「花の名所と緑の散歩道230」を本棚から引っ張り出したら、なんと「西沢つつじ園 」があった。この園は大分前に知り訪ねようとしたが、詳しい場所が分からず断念していた。それが我が家の本棚に見付かり、灯台下暗しである。この本は、現花友にプレゼントされたものだったと思う。

 甲州街道からつつじ園へ 千歳烏山は近く、都内も世田谷区内で、午後に出掛けた。軽装だが、雨の予報もあり、傘を持つ。神保町駅、新宿駅を経て京王線へ。同線は10数年前だが多摩の南大沢キャンパスへ通っていた時週一は往復し、見覚えのある車窓風景もある。千歳烏山駅に降り、頭に入れた地図に従い、駅前を直進して突き当たりを左折し、烏山通りへ右折した。この辺りは縁がなく、初めて歩く地。車道を横断したら欅並木のある街道。何時か眺めた甲州街道であった。右手に昭和医大病院があり、その先を右折すると、赤い花が見え始めた。

 多種多彩な満開の花々 西沢つつじ園は、ツツジを楽しんで貰おうと地元の植木屋さんが私有地を開放しているという。赤、朱色、ピンクそして白、さらにはそれらの混合と多種多彩の花々が満開で、見頃の花が咲き誇っている。それも重なるようにである(写真上)。未だ4月末だが、時期か良かった。花を愛で、カメラを向けながら躑躅の間をゆっくりと巡る。私の外にも、二組程の高齢男女が観賞している。畑二枚ほどにつつじが植栽され、その隣が西沢家のようだ。

 ネット情報より、近くに区立つつじ緑地があると知り、そちらへと西沢家の前を過ぎると、ツツジが続いて区立緑地。こちらも広くはない園内目一杯につつじが二重に三重に密集し、色取り取りの花々が咲き揃っている。花々の間に遊歩道が切られ、躑躅の中を巡り歩く。シャッターを押し続けたが、途中から珍しい花、特に単色の花(写真中)に絞りカメラに収めることにした。入口付近につつじの説明板があり、全国から集めた20種以上の花が掲載されているが、殆どが初めて見る種類で、こんなにも多くの種類があるのかと驚いた。

 欅並木を写す ツツジ花に満足し、西沢家にも感謝しながら、園を後にし駅へ戻った。一時小雨が落ちたが傘を出さないで済んだ。
 甲州街道を渡る際、車の途切れるのを待ち、欅並木を写した(写真下)。多分、若い頃車で通り、記憶に残ったのだろう。帰りの車中、先程写した躑躅の花を花友へ携帯からメールした。(2019/05/11 K.K. 1255/1300)

◇日時 2019/4/27  ◇天候 曇り ◇交通費 360円 ◇資料 成美堂出版「花の名所と緑の散歩道230」41頁 ◇歩数等 8,000歩 6km

「通過時間等」自宅12:45-新宿線神保町駅13:31-京王線千歳烏山駅14:05=西沢つつじ園・烏山つつじ緑地14:20/14:40=千歳烏山駅15:00-三田線神保町駅15:33-自宅16:05

大阪生駒山に登る

 大阪では生駒山(642m)にした。東京の高尾山のような山で、家族連れで目指す気軽な低山かなと想定し、事前に調べた。手許のガイドブックにはなく、インターネットで概要を見て、現地で情報を得ようとした。これまで、六甲山 (13/5/19)や三輪山(11/2/24)は登ったことがあるが、大阪の山はなく今回加えたい。登山口のパンフ類に期待した。

 石段を宝山寺へ 地下鉄本町駅で中央線に乗り地上へ出て外を眺めていたら、右手に山姿を現した。生駒山は意外に大きな山容である。生駒駅に降り、パンフ類を探したが見当たらない。近鉄生駒ケーブル鳥居前駅でも沿線マップのみで、駅員に口頭で、宝山寺を目指し山頂へはほぼ直線コースで1時間30分程度と教えて貰った。それなら歩けるだろうと、下りはケーブル利用と伝え、正面に生駒山を見上げスタートした(写真上)。
 市街地の中の坂道から石段の道になり、両側には住宅街が広がる。石段は次第に傾斜を増し、時には足が止まるがゆっくりと進む。平地へ上がると、右手がケーブル宝山寺駅とあり、反対へ左折し土産店前を回り込む。灯籠の並ぶ長い石段を昇り切ると宝山寺であった。裏にある岩峰が覆い被さっている(写真下)。約30分強で順調か。軽く参拝し、山頂への案内に導かれ、左手へ歩いた。

 直登の坂道が続く 一転し道は狭まり、直線の坂道になる。足は時々自然に止まってしまう。左手は開けているが山々が見えるだけ。次のケーブル梅屋敷駅前で休憩。当山もこの辺りは樹林帯で、ピンクのツツジが目立つ。また山上りを再開するが直登の道は辛い。後にハイカーが見えその内追い越されるだろうと思いながら、上がり続ける。一旦森林内へ入りクランク的に曲がりまた直登になる。そろそろ山頂が見えても良いと思うが、そんな風景はない。坂道が緩み道路を横断。生駒山へは車道が切ってあることは知っていた。それだろうと渡ると、山頂駅へ200mの標識に出会いホッとし、最後の踏ん張りと坂道を上がる。山坂の200mは短いわけではなく、ようやく山上駅舎が見えて山頂広場に達し、丁度1時間30分。あれだけ足を止めたのに本当かなと疑ってしまった。

 三角点は遊園地内 山頂は、遊戯具のある遊園地。未だ桜が残っている。端のテーブル席を借り食事にする。今朝梅田のコンビニで求めたお握り弁当。前方には低い山が続き、奈良県側のようだ。大阪府側を眺めようとしたが売店やレストランが遮っていた。従業員の方に三角点の位置を教えて貰い、SL列車コース内へ入り確かめた。下山は予定通りケーブルカー利用。宝山寺駅では徒歩で乗り換え、それだけ急な山ということか。生駒駅から大阪市内へ戻った。時間があり、南御堂に芭蕉句碑を探し、法善寺横丁の水掛不動へお参りし、道頓堀を眺めて、空港へ向かった。(2019/05/08 K.K. 1254/1300)

 ◇日時 2019/4/22  ◇天候 晴 ◇現地交通費 2,980円 ◇資料 近鉄「近鉄生駒ケーブルへ」◇歩数等22,000歩 16km

「通過時間等」宿泊先7:10-梅田駅7:25-本町駅7:35-生駒駅8:15=宝山寺8:50=ケーブル梅屋敷駅前9:00=同生駒山上駅前9:45=同生駒山上駅10:29-生駒駅11:00-地下鉄本町駅11:30=南御堂11:55-難波駅12:15=道頓堀12:30=難波バス停13:30-伊丹空港14:30-京急羽田空港駅15:54-三田線三田駅16:27-自宅17:15

京都に大原三千院、宇治平等院を巡る

 私の紀行文が1200号を超え、先日から地域的に整理していたら、最近大阪や京都を歩いていないことがはっきりした。この際思い切って遠出することにした。勤務先退所記念になり、関西在住友人にも会える。マイレージを使用し、伊丹空港往復にした。京都は未訪の大原三千院とし、伊丹空港から京都駅へ直通バスがある。

 観光客で賑わう京都 京都駅前から路線バスに乗車。シーズンでもないのに外国人を含め込みあい市街地をノロノロ走った。10分程遅れ大原着。大原は京都市も奥で、山々に囲まれた山里の地。私は初めてで、参道の案内に従いお土産店が並ぶ中、多くの参詣者の後に付き、谷川沿いに三千院へ歩く。

 三千院を巡る 石段から御殿門を経て受付を済ませ、順路に沿い院内を見学。庭の聚碧園を眺める。広くはない庭園で、低い植木が中心(写真上)。見学者が多く、期待した静寂な中での雰囲気は味わえない。私は、永六輔作詞”京都大原三千院 恋いに疲れた女が一人・・・”とデューク・エイセスが唱う女ひとりをイメージしていた。結城や塩瀬と織物名をいれた処が永らしい。これを聞いて以来、一度は大原三千院へと思っていた。庭へ降り境内を巡る。桜が残る一方、石楠花が咲き始め美しい。紫陽花が有名らしいが、流石に未だである。苔庭に寝そべる石地蔵に出会い思わずカメラを向けた。わらべ地蔵だが、歴史は浅く昭和時代作らしい。奥の観音堂や金色不動堂に参拝。孫達のことは代表の名を挙げ成長をお願いした。最後に宝物院円融蔵で、竹内栖鳳の日本画を観る。勿論本物と思う。天井画は複写とある。帰り掛け、当地名産みたらし団子としば漬けを求めていたら、バス時間が迫り、参道の坂を駆け下り間に合った。

 夕方の友人との約束時間迄、宇治平等院へ寄ることにした。若い頃家内と訪ねたと思うが定かではない。京都駅行きバスを途中の出町柳駅前に降り、京阪電車に乗った。中書島駅で乗り換え京阪宇治駅に下車。30分強で、関西私鉄網の発展、利便性にはいつも驚く。

 初めての平等院 宇治川を渡り、表参道から境内へ。こちらも多くの観光客が往来中。藤棚を眺め、中心へ進むと、大池の先に鳳凰堂が静かに建っている。私は、この風景は眺めたことはなく、初めての平等院訪問。絵や写真で知り誤解していたのだろう。カメラに収めたが逆光のようだ。鳳翔館では仏像を鑑賞。国宝級の像が多く展示されているが、知識に乏しい上に興味も低く、一瞥する外はない。こう多くては希少価値も薄いと言えよう。境内を半周し、院を出た。今回、当院は1052(永承7)年関白藤原氏が道長の別荘を寺院に改めたことに始まると知った。宇治橋袂には、紫式部像があった(写真下)。また京阪電車を利用し、友人との梅田待ち合わせにはゆっくり間に合った。(2019/05/04 K.K. 1253/1300)

 ◇日時 2019/4/21 ◇天候 晴 ◇現地交通費 3,720円 ◇資料 三千院門跡事務所「三千院」、平等院「平等院」◇歩数等17,000歩 12km

「通過時間等」自宅6:25-羽田空港8:30-伊丹空港9:50-京都駅前11:03-大原12:10=三千院12:20/13:00=大原13:10-京阪出町柳駅13:56-同中書島駅14:20-同京阪宇治駅14:35=平等院14:45/15:25=京阪宇治駅15:38-梅田駅16:40・・・ホテル19:00

小田急沿線海老名に社寺を巡る

 昨年弟から、神奈川のハイキングガイドブック(かもめ文庫「かながわハイキングコースベスト50」)を貰った。その中から、「海老名の文化財めぐり」コースを選び出し、弟を誘いハイキングが決まった。2人に交通便の良い小田急海老名駅スタートである。徒歩2時間50分とあり、2人には丁度良い。

 最初からコースを誤る 今回も、海老名駅集合時間に私が遅れてしまった。三田線電車が遅延し、通勤時間帯の出発は久し振りで想定外のことと弟に言い訳しながら駅をスタート。海老名には縁がなく、若い頃草野球に一度来た位の地。弟が用意してくれた地図、と言っても略図だがそれに沿い国分寺尼寺跡を目指す。左折し相鉄線、小田急線踏切を渡り住宅街を進むが、寺跡は見えない。地名は国分、バス停も尼寺跡とあり間違っているとも思えない。246号国道へ出てしまい方向違いかと地元の方に二度尋ね、森のある方へ方向を大修正。小田急線を渡り返した先に、次の弥生神社があった。大分手前で左折し踏切を渡っていた。

 弥生神社、国分寺 石段を昇り参拝、立派な神社である。裏手が龍峰寺で、古刹のよう。参道を出て下り、相鉄線踏切を越す。尼寺跡は反対側のようで、遺跡もなく省略。大通りの右先に広めの空き地が見え、国分寺跡で石碑のみ。カメラに写し先へ進む。現国分寺は、また大回りしてしまい、入口で大ケヤキを眺め坂を上がった先にあった。大ケヤキは幹の裂け目をコンクリートで固めた古大木(写真上)だが、2人は故郷東根の大欅と無意識に比較してしまい、物足りないなとはいつものこと。境内で、高齢者グループが休憩中。鐘突堂内の梵鐘は重文とあるが、外からは見えない。山吹が満開で(写真下)、弟もカメラに向けている。

 次の瓢箪(ひさご)塚へ向かうが、略図は頼りにならず、弟が今朝駅で入手の「小田急自然ふれあい歩道海老名コースマップ」が少し詳しく、首尾良く到達。塚上から見たら古墳がひょうたん型のようだ。ベンチで小憩。

 八坂神社から駅へ 次の三塚公園も何とか探し、ここも古墳跡地。八坂神社と鳳勝寺へは山勘を働かせ森裏と読み、坂を下りながら、住宅街へ小路を入ると、弟が幼稚園があるから寺はあちらと言い、それが当たり、八坂神社へ参拝。由緒書きによれば、戦時中相模湖ダム建設に伴う周辺集落の移住地とあり、当社も移築されたとある。鳳勝寺にも詣でるが、我々だけで寂しい位。
 弟にハイキングは終了し駅へ出て、食事を提案。弟のリードで大通りへ戻り、駅前デパート食堂で蕎麦を頼み、昼食。私は、住宅街を歩くタウンウォークは苦手でコース誤りが多く、今回もその通りであったが、弟のお陰でコースの八分位は歩き通せたろう。海老名駅で上下に分かれ、帰宅した。(2019/04/30 K.K. 1252/1300)

◇日時 2019/4/17 ◇天候 曇り ◇交通費 1,000円 ◇資料 山本正基「かながわハイキングコースベスト50 44海老名の文化財めぐり」206頁 ◇歩数等19,000歩 14km「通過時間等」自宅8:00-新宿線神保町駅8:50-小田急新宿駅9:13-同海老名駅10:10=弥生神社11:00=国分寺跡11:20=国分寺11:35=瓢箪塚11:55=八坂神社12:30=駅前食堂13:00=小田急海老名駅13:35-大江戸線新宿西口駅14:38-三田線春日駅14:53-自宅15:30

梅岸寺のしだれ桜を眺め、青梅を歩く

 2019花見ハイキングに青梅梅岸寺のしだれ桜を加えた。山里歩きを始めた頃、仲間と一度眺めたが記憶が薄れてしまった(95.4.8)。奥多摩の入口青梅の街は、”蔵造りの商家や古寺社が点在する街並みが、レトロな映画看板で昭和の時代にタイムスリップ”とアピールしている(JR東日本「青梅・五日市線ウォーキングマップ」)。花見散策には丁度良い。

 梅岸寺しだれ桜へ 旧青梅街道から参道を梅岸寺境内へ入ると大きな古木のしだれ桜が二本あり、一本は終わりかけだが、手前の一本は満開直後で見頃(写真上)。樹齢150年、幹回り3mという。本堂へ挨拶後、他の花見客と眺め、カメラに収めた。梅岸寺前に寄り道した。駅前案内図を眺めたら駅裏の裏宿七兵衛地蔵が目に付いた。社があり軽く参拝し、由緒には、青梅の農民七兵衛は不作が続く中義侠心のある鼠小僧のように村人を助けた処処刑されその後祀ったとある。梅岸寺から旧街道中心街を行く。古い家屋が点在するが目当ての旧稲葉家住宅迄は距離があった。江戸期からの商家のようで、薄暗い座敷も覗いた。

 順調に釜ヶ淵へ 次の金剛寺は、一度立ち寄ったことがある(14.10.26)。本堂に詣で、境内の案内で思い出した。地名青梅に由来する梅の古木がある。ここからは前回歩いたコースを辿る。記憶が割りに鮮明で、クランク的に歩き順調に進み、多摩川釜ヶ淵手前へ出る。河岸の桜は染井吉野のようだが満開見頃。柳淵橋を渡り公園内へ入り、板垣退助像に再会。先日品川神社裏に板垣の墓を訪ねたばかり。
 淵を覗く展望台は閉め切り中。前回は覗いてシャッターを切ったと思う。かんぽの宿前から坂を下る。かぼちゃ会で、一同10数名宿泊した宿である(12.3.30)。そして、旧宮崎家住宅から郷土博物館へ。旧住宅はもっと大きな豪農住宅と思っていたが、普通の藁葺き平屋。古さは感じるがこれが重文なのだろうか。子供の頃、我が田舎では少し山の方へ入れば揃っていたと思う。

 見当たらないレトロ看板 桜の下のベンチで、流れ前にし休憩。多摩川もこの辺りでは広い河原の中心を流れているだけ。川辺にはピンクのヤシオ躑躅が咲き始め、山吹も満開で美しい。
 コースポイントは歩き、青梅市内へ直進しようとするが道は左右に入れ込み、坂道が続く。現青梅街道を横断し住宅街を進み、中心街のある旧青梅街道へ出た。昭和も戦後だが映画全盛期頃の看板やポスターを展示している商店街の筈だが、今回は見当たらない。駅前中華屋に入りラーメンで昼食。昭和24年創業に惹かれ、確かに昔懐かしい支那蕎麦風だが、少し醤油味が濃い。駅へ戻ると、件の映画看板があり(写真下)、これだとカメラを向けた。車中、地図を見返したら、旧青梅街道奥にあった森下陣屋跡を見逃したことを知ったが、もう一度の思いは湧かなかった。(2019/04/25 K.K. 1251/1300)

◇日時 2019/4/13 ◇天候 晴 ◇交通費 1,600円 ◇資料 JR東日本「青梅・五日市線ウォーキングマップ 青梅宿散策コース」◇歩数等 14,000歩 10km 

「通過時間等」自宅8:05-新宿線神保町駅8:45-JR新宿駅9:08-同青梅駅10:15=裏宿七兵衛地蔵10:25=梅岸寺10:30=旧稲葉家住宅10:45=金剛寺10:55=釜ヶ淵公園11:15=旧宮崎家住宅前11:25=駅前中華や11:55=JR青梅駅12:25-大江戸線新宿西口駅13:32-三田線春日駅13:48-自宅14:15

満開の下幸手権現堂桜堤を歩く

 花見先として、埼玉幸手にある権現堂桜堤を思い出した。東京近郊の桜の名所として知られ、私も一度眺めたことがある(01.4.8)。問題は、時期で満開時は兎も角、その前後には合わせたい。今年は、開花後寒さがぶり返し、遅れているようである。久し振りに花友Aさんにメールしたら、権現堂の桜は未訪で感心を示し、同行してくれることになった。

 89回桜まつり開催中 幸手は近い。北千住駅から東武線伊勢崎線に乗り、東武動物公園で日光線に乗り換え、1時間足らずで着いた。駅では多くの乗客が降り、チラシが配られ桜まつり中とある。権現堂桜堤迄は、少し距離があり散策には丁度良い。住宅街の中を一度歩いた山勘で行く。
 幸手は、江戸期の日光街道と御成街道の合流地の宿で栄えたというが面影は窺われない。少し迷うも手前の大通りへ出ると車が大渋滞。我々は側道を歩き、堤下へ着いた。花は見頃のジャスト満開。天候も良く、絶好の花見である。早速、花咲く坂を上がり、堤上へ。桜花トンネルの中(写真上)を、先ずは上流へ向け、花見客の後をぞろぞろと歩く。初めてのAさんも、見事さに感心している様子。桜堤の端に行幸碑がある。明治天皇が東北行幸の際、立ち寄られたという。

 Aさんの希望で、堤下から見上げ、また菜の花とのコントラスト風景を眺めようと、堤を降りる。北側の小さな広場では、既に多くの家族やグループがシート席を確保し花見宴を始めている。前方に直線的に並ぶ薄ピンクの花列の眺めも良い。

 菜の花とコラボ風景 菜畑も満開で、桜花をバックにし眺め(写真下)、カメラを向けるが、周囲に人が多く、シャッターチャンスが難しい。左手は中川で、古利根川の一部が残っている。
 また堤上へ出て、花下を歩き続ける。先程のチラシに、第89回桜まつりとあり、私が生まれる大分前の戦前からの花見場所のよう。桜木も大木が揃う。後に、戦時中薪に伐採され戦後植樹のものと知った。それでも、私の年齢とそうは違わない。飽きることなく花の中を歩き続ける。桜並木の最後の地の堤下に、休憩所を見付けジュースを求め、椅子で休憩。堤の南側遊歩道の花下を戻る。人は少ないが、桜木も堤上ほどはない。それでも満開の下には変わりはなく、充分である。
 左手広場にJA販売所を見付け、桜堤を出て、入店。こちらも込みあい、私は、晩酌用肴を探したが好みの物はないようだ。Aさんはしっかりと買い物している。駅へ戻る途中、昼食にレストランに入る。予想に反し静かに食事することが出来、それも山形牛等だがリーズナブルな料理。帰りの東武線車窓に見える桜花は何処の花も満開であった。
 私に、権現堂桜堤を勧めてくれたのは沿線に住まう旧同僚AMさんと思い出したが、先年早世され、お礼が言えず残念である。(2019/04/20 K.K. 1250/1300)

◇日時 2019/4/7 ◇天候 晴 ◇交通費 1,370円 ◇資料 東武鉄道「みちしるべ 幸手」156頁 ◇歩数等 12,000歩 9km 

「通過時間等」自宅8:55-JR巣鴨駅9:40-同日暮里駅9:50-東武北千住駅10:00-同幸手駅10:45=権現堂桜堤11:15=行幸碑11:25=桜堤下休憩所11:55=(昼食)12:30/12:50=東武幸手駅13:45-JR北千住駅14:37-同日暮里駅14:47-三田線巣鴨駅15:00-自宅15:30

観桜に城南御殿山から品川神社へ

 今年の開花宣言は早かったが、その後天候が不順で満開へ至らず、長く咲き続けている。近郊の花見先は殆ど歩き、今年は何処にしようかと迷っていたら、ラジオから品川の御殿山が桜の名所と飛び込んで来た。初耳の地で出掛けようしたが、寒い日が続き、ようやく晴れて、本日花見散策とし、城南の品川へ向かった。近くの品川神社もコースに入れた。

 御殿山は何処? 品川駅に降り、国道1号側道を進むが、御殿山の位置が今一不明。駅前案内図にもなく、少し離れているようだ。ビル名に御殿山が現れ出したが、花咲く公園らしき風景は見えない。八ツ山通りから品川宿方向へと国道を渡り、橋上で前方を睨むと、桜の花が見えた。直接の歩道はなく、遠回りした京急北品川駅前で案内板に、’御殿山通り’を見付け、右折し狭い通りから長い渡線橋を渡ると、御殿山であった。

 満開の桜に出会う 通り両側に桜並木があり、ほぼ満開。緑地は、東海道線路地帯と高級邸宅街に挟まれた狭い斜面にあり、庭園とある。通路にも桜木はあり、雪洞等、地元の方が花見祭り飾り付けの準備中のよう。その間を往復したが、桜木の数が少なく、期待通りではない。当園は、その名の通り、江戸時代将軍の御殿があり、桜の名所であったという。幕末に至り、品川沖のお台場造りに土砂が削られてしまい、現在の斜面の底はその名残か。帰り際に見た園入口左の通りの木々は満開の花を付け(写真上)、カメラに収めた。

 品川神社へと渡線橋を渡り返すと、右先に花山が見え、小さな高台の公園。こちらは見頃な桜の花が咲き誇っている。スマホから権現山公園と知り、往時は御殿山の一部であったが東海道線の開通で切り離されてしまったらしい。丘から品川神社の方向を確かめ、公園を出た。

 品川神社から品川宿へ 品川神社は再訪である(05.1.8)。記憶に沿い、石段を昇り本殿に参拝し、裏の板垣退助の墓を眺めて戻り、境内の富士塚に上がった。同様の塚はあちこちにあるがここのは高く、黒い溶岩で出来たような富士塚(写真下)。子供と一緒になり塚上に立った。京浜急行車窓からも見え、いずれ再訪を願っていた。ここまで来たら、旧東海道の品川宿も歩こうと国道交差点を横断した。
 品川宿はご無沙汰であるが、2,3度歩き、一度は鈴ヶ森刑場跡も訪ねた。広くはない通りの両側に個人商店が並び、今尚宿の雰囲気を残し、狭い宿なのに古寺が多い。
 本陣跡石碑を確かめ、土蔵相模跡があった筈と行くと、右側に案内があった。幕末に、長州高杉晋作達が起こした英国領事館焼き討ち事件の謀議した所とは知っていたが、その前の桜田門の変前夜水戸藩士達が泊まったという。時節とは言え、焦臭い割烹宿であったのだ。また八つ山橋を渡り、品川駅へ急いだ。(2019/04/16 K.K. 1249/1300)

◇日時 2019/4/4 ◇天候 晴 ◇交通費 320円 ◇資料 昭文社「東京都市図 品川」62頁 ◇歩数等 12,000歩 9km 

「通過時間等」自宅8:55-京急三田駅9:48-同品川駅10:00=御殿山庭園10:20=権現山公園10:50=品川神社11:05=旧品川宿11:20=京急品川駅11:50-三田線三田駅11:57-自宅12:45 >

多摩に小野神社から桜ヶ丘公園を巡る

 最近詣でた大宮氷川神社は武蔵国一之宮、宇都宮二荒神社は下野国一之宮とあり、都内の一之宮は何処の神社かと気になった。ネットで調べると小野神社と出て、多摩聖蹟桜ヶ丘にあると知ったが、初めて聞く神社。興味が湧き、参拝しようと思い、序でに歩く先は、同じ聖蹟桜ヶ丘にある同名の公園にした。多摩百山の一つの大松山(183m)がある。

 一之宮小野神社へ 神保町駅から乗車した電車は、京王線へ入り、調布駅で乗り換え聖蹟桜ヶ丘駅に着いた。駅北口を出て、ネットで調べた道順に従い、大通りから二度左折を繰り返し、神社横へ出て、正面へ回り表参道から境内へ入る。
 広い境内に山門と朱塗りの本殿のみが建つシンプルな神社(写真上)。延喜式内社で、源義家が太刀を奉納したという。参拝者もなく、1人拝殿前へ進み手を合わせ、孫達の成長とぼんず達へのご加護をお願いした。本日はバックに賽銭用小銭があった。一之宮とは入口の石碑のみにあり、それが却って、由緒ある古社の見識のようにも思えた。

 方向違いのバスに乗車 駅へ戻り、バスに乗車。これが大失敗。桜ヶ丘二丁目を通るバスに乗ったが、方向やルートが大外れ。降りる際、運転手に、桜ヶ丘公園の最寄りバス停かと確かめたら、公園は遠く、終点永山駅まで行き別路線乗車が良いという。私は歩くと答え降りたが、現在地が不明。ウロウロしたら住宅街案内図あり、反対側に聖ヶ丘の方向が示してあり、そちらへ戻る。大きな住宅地で、庭付き一戸建て住宅が並ぶど真ん中。都心へ通うサラリーマン達が住むのだろう。住宅団地を抜け出し坂を下ると関戸へ至り、戻り過ぎかとVターン。途中、関戸城跡の石碑に出会い、カメラに収めた。

 聖蹟記念館見学 大通り鎌倉街道を歩き、聖ヶ丘への交差点を左折し坂を上がる。左手に林が見え桜ヶ丘公園と確信し、坂上で大通りを出ると公園西口であった。園内には桜があり、5,,6分咲程度か。春休み中で、広場では子供連れが遊ぶ中、遊歩道を歩き(写真下)、直登階段は急で思わず、一休みしてしまった。
 丘程度の小山は、直ぐ上り切り、山頂に建つ聖蹟記念館見学。元宮内大臣田中光顕が、明治天皇当地行幸を記念し建てたものとある。同天皇の騎馬像や、田中収集の龍馬肖像画を展示中。一回りし館を出ると、六賢堂が真ん前にあった。山頂広場に、大松山の三角点や天皇お立場碑を探したが出会えない。

 バスで京王永山駅へ 広葉樹が芽吹き始めている森中を下り、咲いているスミレの一群を見付け、シャッターを切った。管理事務所に寄ろうと探すと、公園は意外に広く東端にあり、公園案内図を入手。坂を上がりバス停で待っていたら、京王永山駅行きが先に来て、乗車。京王相模原線永山駅は近く、新宿行き準特急に乗る。車中、携帯で本日の歩行距離を調べると18kmで、予定の倍も歩いていた。(2019/04/12 K.K. 1248/1300)

◇日時 2019/3/29 ◇天候 晴 ◇交通費 640円 ◇資料 守屋龍男「多摩100山 桜ヶ丘公園と天王森公園」平成15年、28頁 ◇歩数等 18,000歩 18km 

「通過時間等」自宅8:50-新宿線神保町駅9:30-京王聖蹟桜ヶ丘駅10:25=小野神社10:40=聖跡桜ヶ丘駅11:00-桜ヶ丘二丁目バス停11:10=桜ヶ丘公園西口12:05=聖蹟記念館12:20/12:40=聖ヶ丘橋バス停12:53-京王永山駅13:08-三田線神保町駅13:51-自宅14:30

ホリデ-快速山梨で塩山恵林寺を再訪

 JR新宿駅発ホリデ–快速やまなしが、今年は3月16日から走ると知り、待っていた。青春18切符で、塩山にある古刹恵林寺へ、である。先日、駅からハイキング”古刹と名庭巡り”のガイドパンフが、収集資料から出て来て、予定していた。甲府の手前で、快速ならそう遠くはないはず。山梨は、この処久し振りである。

 コースを誤る 新宿駅から高尾駅を過ぎると快速はノンストップで、東京から神奈川を過ぎ山梨へ入った。大月駅から笹子トンネルを抜け、勝沼ぶどう郷駅、そして塩山駅に着いた。
 信玄像を眺め北口から歩き出す。コースを二度も間違い、慌てた。生来の早とちりと思い込みが重なり、西へ行くべきが南へ歩き、笛吹川へのつもりが中央本線へ出てしまった。二度目で気付き、大幅修正と北上を続ける。果樹園に咲く杏の白い花やピンクの花に誘われたのかもしれない。ガイド上の白髭神社に出会った時は50分も経っていた。恵林寺へ直接と大通りを行くと、コース案内を見付け、一安心。そして、笛吹川沿いの道になり、山本勘助不動尊に参拝する。右折し川から離れたら、観光バスが駐まっている駐車場があり、恵林寺であった。

 恵林寺に参拝 恵林寺は再訪である。約30年前であろうか、仲間達と湯村温泉へ麻雀旅行しその際参拝したことがあった。僅かな記憶の中、境内を進み、桜が咲き始めている山門から(写真上)本堂前へ出て参拝し、庭園見学に寺内へ。当寺は、武田家滅亡の時信長の焼き討ちに遭い、快川和尚が発した”心頭滅却すれば火も又涼し”の一句が有名である。裏庭には、信玄の墓や柳沢吉保の墓もあった。吉保は甲府藩主も務めたという。境内売店で一休み。本日は日曜日なのに参拝客は多くはない。閉店の店もチラホラ。

 富士を正面に下る 私は、ハイキングコースではなく、直接塩山駅へ歩くことにする。夕方用事がある。参道からそのまま大通りを下り続け、信玄の道とある。富士が正面に見え(写真下)、カメラに収めようとポイントを探した。富士は近いのだ。

 里山塩ノ山を裏から回り込み、向嶽寺前。往路で、この手前を左折したが、やはり90度違っていた。ハイクコースは小道の筈と思い込み、舗装道路を避けたのが失敗であった。
 市内へ入って駅北口に戻り、甘草屋敷見学。江戸中期頃建築の大きな母屋があり、薬草を扱ったお屋敷が現存し、重文とある。中へ入ってビックリ、期待に反し座敷一杯雛人形が飾られていた。もう雛節句は過ぎたのに。古屋敷の構造や造作は雛壇の裏。がっかりして出ると納屋に、樋口一葉の資料が僅かだが展示してあった。一葉の両親が当地出身と知った。小説にも書いたようだ。予定した高尾行き鈍行に乗り、夕方の約束時間には間に合う。(2019/04/05 K.K. 1247/1300)

 ◇日時 2019/3/24 ◇天候 晴 ◇交通費 青春18切符5 ◇資料 JR東日本「駅からハイキング 古刹と名庭巡り」2005年 ◇歩数等 18,000歩 18km 

「通過時間等」自宅7:55-JR板橋駅8:30-同新宿駅9:02-同塩山駅10:50=白鬚神社11:40=勘助稲荷12:10=恵林寺12:20/12:45=向嶽寺前13:20=甘草屋敷13:40=JR塩山駅14:13-同新宿駅16:35・・・三田線巣鴨駅18:20-自宅18:50

群馬高崎に日本最古の上野三碑を巡る

 群馬高崎に古い石碑があることは以前から知っていた。それも三つもで、関東ふれあいの道や駅からハイキングコース内にあり、私の里歩きには好適である。高崎駅へは青春18切符利用にも適度な距離であるが、何故か実行に踏み切れない。それは、昨年だけても、3.5回も高崎線を往復し、片道2時間弱の長い乗車や車窓風景にも飽きていたからと気付いた。それでも、今回重い尻を上げることにした。

 上野三碑は多古碑から JR赤羽駅から快速に乗車。1時間30分程で高崎駅に着き、上信電鉄線に乗り換え、多古碑の最寄り駅吉井駅を目指した。数年前、上野三碑がユネスコ「世界の記憶」に登録され、各碑間にはバス運行中で、駅前からバスに乗車。多古碑は集落内の公園にあり、お堂内に管理されていた。外からガラス越しに覗き、シャッターを切るが光が反射した。 多古碑は、711(和銅4)年古代上野国に多古郡という名の郡をつくった記念の碑とある。隣に記念館があり、三碑の実物大レプリカがあり、多古碑は笠のある長方形の石碑だ(写真上)が、他の二碑は長丸形の自然石利用のよう。カメラに収めた。

 山上碑へ 次のバスの便を待ち、山上碑へ向かう。この間は距離があり、当初からバスを考えていた。バスは山里を巡り、駐車場に着くと、運転手は、左手先と教えてくれた。長い階段を上がり切り、こちらもお堂内保存中の石碑。自動音声で説明を聞くと、681(元号なし)年、長利という僧が母親供養に建てた碑で、隣に古墳があり(写真下)、母親を埋葬したと考えられているという。

 山道入口に関東ふれあいの道道標が建ち、予定通り進入。踏まれた平地の道で歩きやすい。金井沢碑まで5kmの石碑の路とも呼ばれ、万葉集の中で上野国を詠んだ和歌の碑が29基も並んでいる。最初は解説を読み、当地から防人に派遣された若者が望郷や留守家族を詠んだもののようだが、途中からは一瞥し碑前を通り過ぎた。
 山名城跡の案内があり立ち寄り、堀切跡から上がると山中に削平地があり、戦国前の本郭跡のようで石碑が建ち、建立者木部氏は子孫らしい。帰宅後調べたが不明。

 最後は金井沢碑 万葉歌碑も途切れ、大きく右方向へ回り込み林が切れ、谷が見える地へ至りベンチで休憩し、ジャンパーをザックにしまった。下りに入って鎌倉七曲りを過ぎ、橋を渡り、そろそろ金井沢碑かなと思ったが、マップでは未だ先。大通りへ上がり少し下ると、小公園が碑の入口であった。
 やはりこちらも屋内に保管され、ガラス越しに眺めるだけ。726(神亀3)年、三家(ミヤケ)という一族が先祖供養と子孫繁栄を願った碑とある。写真は諦め公園へ戻ると、根小屋駅へ10分との案内を見付け、バスを待たずに歩く。道端に咲き揃うハナダイコンに出会う。春の野草で紫の花は上品で好きな花。少し時期が早いのでは思いながらもカメラに収め、三碑を巡り終え、重い足で駅へ急いだ。(2019/04/01 K.K. 1246/1300)

◇日時 2019/3/20 ◇天候 晴 ◇交通費 青春18切符4+770円 ◇資料 高崎市「上野三碑」、JR東日本「駅からハイキング 高崎自然歩道・石碑の路」2003年90頁 ◇歩数等 17,000歩 12km 

「通過時間等」自宅8:40-JR板橋駅9:12-同赤羽駅9:39-上信電鉄高崎駅11:23-同吉井駅12:00-多古碑12:10/12:55-山上碑13:20=山上城跡13:30=金井沢碑14:40=上信電鉄根小屋駅15:05-JR高崎駅15:30-同赤羽駅17:15-三田線新板橋駅17:37-自宅18:05

さいたま市にハクモクレンの花を巡る

 我が家から近いさいたま市で、ハクモクレンの花が見頃と知った。夕方のテレビニュース地方版からである。紫のモクレンの花は知っていたが、ネットで調べるとハクモクレンはその名の通り白いモクレンの花。市役所前のモクレンだけでは物足りず、ネットでヒットした大宮公園の花も見学先に加えることにした。

 さいたま市は別所沼から 今回、さいたま市浦和へは埼京線にし、中浦和駅に降りスタート。これまでは京浜東北線浦和駅であったが、乗り鉄をして中浦和駅の方が近いと分かった。初めての駅で、ホームから別所沼のメタセコイヤ並木の頭を捉え目標にし、住宅街の大通りを行く。
 別所沼は訪ねたことがあり、浦和市ど真ん中の池のある公園で、池周囲にはメタセコイヤが林立し美しく、好きな風景である(写真上)。この時期葉を落とし落葉樹と知る。公園端には神保光太郎の詩碑があった。彼は詩人で有名だが、山形の高校の大先輩でもある。設立者の中に、金子兜太や秋谷豊の名前も見付けた。

 ハクモクレンは満開だが 公園を出て、市役所を目指す。住宅街の狭い道を右折左往しそれらしきビルへ向けると市役所横へ出たが、ハクモクレンの咲く場所が分からない。市役所前をウロウロしていたら前方に白い花らしきものが見え、近付くとハクモクレンの木があった。白い大きめの花を付けた木はあるが数本。真っ白な花は満開で(写真下)、見応えはあるも、木の数が少なく寂しい。見物客は私を含め2人だけ。青空の下市役所ビルを背景にシャッターを切った。直ぐ先の東口付近にも数本あり、こちらも見頃状態、またカメラを向けた。テレビで紹介する位だからと期待していたが、物足りなさを感じながら、浦和駅へ歩いた。 

 大宮駅では、東口に降りた。大宮公園へは、中山道へ出て氷川神社裏参道のルート。若い頃、北大宮駅付近に住み、夜学の帰り通った経路でもある。途中ガード下を出ると歓楽街であったが、現在もその名残は残っていた。氷川神社境内へは横から入り、先ずは参拝。先々月も詣でたばかりで、より霊験あらたかか。

 広い公園に花を探す 隣の大宮公園は広く、先に管理事務所で花咲く場所を聞くことにし、事務所へ。そうしたら、競輪場がある東門付近と教えてくれた。サッカー場、野球場、そして競輪場と並びアクセスに戸惑う。大きなスタジアムの間から東門へと試みたが、通れない。結局、動物園、池端から西門へ出て、競輪場スタジアム外を半周し東門。こちらも白い花を付けたモクレンの木は数本だけ。青空の中の満開の花をカメラに収めた。
 大宮公園へ戻り駅へと予定していたが、予想外の歩きに疲れ、大宮駅行きバスに乗車。これが路線バスではなく、競輪客用の直行バスで、途中で気付いたが降りることも出来ず、便乗させて貰った。有り難うございました。(2019/03/27 K.K. 1245/1300)

◇日時 2019/3/14 ◇天候 晴 ◇交通費 630円 ◇資料 「大宮公園案内図」 ◇歩数等 17,000歩 12km 

「通過時間等」自宅9:05-JR浮間舟渡駅9:48-同中浦和駅10:05=別所沼公園10:15=さいたま市役所前10:45=JR浦和駅11:14-同大宮駅11:25=氷川神社11:50=大宮公園東門12:20-JR大宮駅12:57-同赤羽駅13:20-三田線志村坂上駅13:41-自宅14:00

宇都宮から室の八嶋のある大神神社へ

 また芭蕉のおくの細道である。芭蕉は、日光への途中栃木の大神神社に、室の八嶋を訪ねている。私も、同神社は通った(01.9.1)が、記憶に薄い。関東ふれあいの道栃木県コース中の、長いコース(17km)最後のポイントで重い足で到着し、荒れた境内であったと思う。今回再訪し室の八嶋を確かめたいと、出掛けた。

 二荒神社に参拝し東武宇都宮駅へ JR宇都宮駅に着いた。来る度に思うことだが、北関東の一の都市である。東武宇都宮駅へ向け直進し、二荒神社へ立ち寄りご挨拶に参拝する。下野一之宮で、相応の大神社だろう。右奥に県庁を覗いて商店街を進むと裏のビルに東武宇都宮駅が見付かった。大神神社の最寄り駅は野州大塚駅で、宇都宮駅からにした。壬生駅を過ぎ、左手車窓の先の森内が目指す神社かなと眺めながら、大塚駅に降りた。駅前には神社への案内はなく、ネットで確認したルートを辿ると目標の郵便局があり、その先が西参道であった。

 室の八嶋を巡る 鳥居下から森中の境内へ入って本殿前へ進み、手を合わせる。当社は、わが国最古の神社大和三輪神社を分祀したという。それでか、当社は”オオミワジンジャ”と読む。前回とは違い社殿が新しいようで、改装されたのであろうか。表参道左側に、室の八嶋はあった。池中の小島に、八つの祠を祀ってある(写真上)。私は、朱塗りの小さな神橋を通って八嶋を渡り歩く。香取神社に始まり筑波神社へと渡り終えた。そして、池端には芭蕉句碑、”いと遊に 結びつきたる 煙かな”が建ち(写真下)、カメラに収めた。
 八嶋は、昔から煙の名所で、竈の煙や霧等の諸説があり、芭蕉は、蜘蛛の吐く糸が光りに反射しキラキラするという糸遊説を採っている。前回は全く記憶にない八嶋風景である。最近、おくの細道に人気が出て参詣者も増え、八嶋も再整備されたかと想像した。表参道へ回ると、途中に前回歩いた境内風景を思い出した。関東ふれあいの道道標もあった。

 栃木城跡は? 野州大塚駅から東武栃木行きに乗車。栃木城跡を訪ねる予定。今回の準備中地図上から見付け、栃木駅から15分程の地の見当である。JRと併設の栃木駅に降り、駅前の大通りを右折し進み、左手住宅街へ入ると想定した地に大きな屋敷があり、その先の小さな公園が城跡であった。
 園内の案内には、戦国後期、小田原征伐で落城した皆川城の城主皆川広照が築いた城であったが、家康の改易に遭い、僅か19年で廃城になったとある。土塁状の小山は、現在でも人造のものと分かり、城跡の僅かな痕跡。子供達が遊んでいる中、私も上がってみたが、戦国ロマンを感じることはない。隣の塀に囲まれた大きな平屋の屋敷は、居着いた旧家臣の現在のお宅らしい。栃木駅に戻ってJR両毛線小山行きに乗り、青春18切符を利用し帰途に就いた。(2019/03/23 K.K. 1244/1300)

◇日時 2019/3/10 ◇天候 晴 ◇交通費 青春18切符3+530円 ◇資料 大神神社社務所「大神神社」 ◇歩数等 19,000歩 14km 

「通過時間等」自宅8:15-JR板橋駅8:52-同赤羽駅9:33-同宇都宮駅10:40=二荒神社11:00=東武宇都宮駅11:22-同野州大塚駅11:50=大神神社12:10/12:30=野州大塚駅12:50-同栃木駅13:05=栃木城跡13:25=JR栃木駅14:13-同小山駅14:58-巣鴨駅(夕食)17:00-三田線巣鴨駅18:00-自宅18:30

春休みの乗り鉄は八高線南線から

 3月に入り学校は春休み期間となり、青春18切符の利用期間になった。早速求め、乗り鉄や遠出に使いたい。この切符は、距離とは無関係に途中下車も可能な点でも、使い勝手が良い。先ずは、昨年暮れ(18.12.30)に乗り鉄した八高線の後半の高麗川駅から八王子駅へと八高線南線を乗り切り、横浜線に乗り継ぎ横浜駅へ出て、JR二線を楽しみたい。前回と同じく、Sさんに同行して貰った。

 埼京線で高麗川駅へ 朝10時過ぎ武蔵浦和駅に集合。東京郊外を大回りするので時間を要すると思っていたが、ネットで路線検索すると約3時間強と分かった。横浜駅経由で、焼売弁当も考えたが横浜線での車内食は憚られる。それで、埼京線川越行きに乗車し、高麗川駅までは前回の逆行。大宮駅から川越駅に着くと、ラッキーにも八王子行きが待っていた。川越駅を出て、武蔵高萩駅付近は田園地帯で、埼玉の川越かと見紛うような車窓風景である。

 奥武蔵を走る高麗川駅からは八高線南線であるが、同北線の高崎駅からの列車を待って、発車。この辺りは奥武蔵地区で、私の自称ホームグランド。高麗川駅、東飯能駅、西武飯能駅、金子駅はハイキングの行き帰りに何回も乗降している。右側車窓に、昨年初秋歩いた(18.9.16)飯能加治神社裏の森の風景が見えた。
 正午近くなり、乗り鉄定番、カップ酒とお握りをザックから出す。お猪口は壊れない金属製のものをSさんが提供してくれた。乗客も疎らで、差し支えないようだ。
 途中、左手に駿河台大のビルが見え、首都大で一緒だった若手の方が赴任した大学で、Sさんに紹介。こんな山中で駿河台大ですかと、冗談を発した。東福生駅からは初乗車区間。Sさんに促され、外に目をやると高級マンション風の団地で、広い庭が目立つ見慣れない住宅街。当地は未だ米軍基地があり、その住宅と気付いた。

 八王子駅で横浜線へ 多摩川を渡り、八高線終点八王子駅に到着。大きなターミナル駅だが、利用したことはあるも何時かは思い出せない位。12時過ぎたばかりで、同20分発の横浜線に乗れた。横浜線は乗客が多く、やっと座席を確保。
 都下多摩と神奈川の境界付近を走り、私が一時通った南大沢キャンパスは近く、片倉駅、八王子みなみ野駅(写真下)、相原駅、橋本駅も僅かだが、授業終了後散策に歩いては利用したことがある。また初乗車区間へ入る。横浜郊外で大学キャンパスが多いようで、その中に親戚の孫が通った大学名を見た。もう卒業し、帰郷したのだろうか。途中快速に追い付かれ、乗り換える。13時半前、無事横浜駅に着いた。
 我々は、東海道線で新橋駅へ向かう。新橋に、同郷大石田縁の郷土料理店があり、時にはSさんも誘う。彼、気に入ってくれ、今回の終着駅にし、反省会である。日曜日もやっていることを確認した。予定通り乗り切り今回の乗り鉄に、麦酒で乾杯した。(2019/03/17 K.K. 1243/1300)

◇日時 2019/3/3 ◇天候 晴 ◇交通費 青春切符1 ◇資料 JR時刻表「JR全路線図 拡大図(東京付近)」 ◇歩数等 5,000歩 3km 

「通過時間等」自宅9:15-JR板橋駅9:54-同武蔵浦和駅10:29-同川越駅11:04-同高麗川駅11:30-同八王子駅12:20-同横浜駅13:24-同新橋駅(反省会)13:45/14:20-三田線内幸町駅14:25-自宅15:00 o

海を眺めながら城ヶ崎海岸を歩く

 約20年前だが(00.12.9)、伊豆旅行の際城ヶ崎海岸を歩いた記憶が鮮明に残っている。久しぶりに伊豆旅行に参加し、翌日は迷わず城ヶ崎海岸にした。二度目だが、それを上回る海や海岸風景を期待でき、20年前歩いて楽しかったハイキングを再現したい。青い海を眺めながらリアス式海岸縁を出入りし、吊り橋も渡る。

 城ヶ崎海岸遊歩道を歩く 伊東駅前で乗った路線バスを城ヶ崎口に降りた。本日日曜日で天候も良く、ハイカーらしきグループも前を歩いている。海岸へ向け坂道を下ると遊歩道入口があり、目指すピクニカルコース。松林の中を緩いアップダウンを繰り返しながら行く。左手海側は崖である。崖途中に小さな古い小屋があり、ボラ漁監視用であったとある。一旦海岸へ降りるとまたボラ納屋で、現在は食事処。当地は江戸期から高級魚ボラの漁獲地で、往時の漁場を窺い知れる。前回、反対側伊豆高原方面から歩き、ボラ納屋前でタクシーを捕まえ、駅へ出たと思う。見覚えのある地である。
 また、タブの木やクロマツが続き、小岬を出入りしながら、遊歩道を進む(写真上)。幕末江川太郎左衛門が築いた砲台跡があった。現在は林の中で、案内がなければ見逃しそうな痕跡のみ。前回見た記憶はない。先程来身体が重く、調子が良くないようだ。高い断崖を上下すると、見物客が多くなる。荒々しい岩礁の海岸は、大室山噴火で流れ出た溶岩という。あの低山(580m)の仕業とは信じがたいが、自然は恐ろしいということだろう。

 門脇吊り橋の思い出 目の前に吊り橋が現れた。高い断崖絶壁の入江に架かる門脇橋で、当コースの見せ場である。この橋には思い出がある。前回の記録(「山歩き里歩き500紀行」147頁所収)を読まれた恩師が私の姓と同じ名前の吊り橋があるんだね。今度行ってみるよ。”と私に話された。先生は、確か一昨年お亡くなりになった。渡橋が実現したかは、残念ながら分からない。そんなことを思い出しながら、長さ48m、高さ23mの橋を渡り切り(写真下)、カメラに収めた。次の岬には灯台があり、売店もあった。

 海洋公園から城ヶ崎海岸駅へ 私は、遊歩道を歩き続ける。先程とは一転し、人影は見当たらない。灯台手前に駐車場があり観光バス乗降地のようだ。足下にあるツワブキは開花時期ではない。長い階段状坂道を上がり切り、伊豆海洋公園へ出た。バス時刻を調べるが時間が合わない。小憩し、城ヶ崎海岸駅へ歩くことにする。20分強のようだ。駅方向への右折地点に迷ったが、いつもの山勘が当たり、椰子並木の下を直進し、大通りへ出て右折すると、駅への案内があった。熱海行き電車到着には時間があり、私は、駅陰で汗で濡れたシャツを取り替え、電車を待った。(2019/03/13 K.K. 1242/1300)

◇日時 2019/2/24 ◇天候 晴 ◇交通費 2,300円 ◇資料 JR東日本「駅からハイキング 伊豆城ヶ崎海岸コース」 ◇歩数等 14,000歩 10km 

「通過時間等」宿泊先8:45-JR伊東駅前9:15-バス停城ヶ崎口9:55=ボラ納屋10:05=門脇橋10:25=伊豆海洋公園11:05=伊豆急城ヶ崎海岸駅11:45-JR熱海駅13:13-同新橋駅14:50=三田線内幸町駅15:02-自宅15:45 n>

奥武蔵杉山城跡、二ノ宮山を再訪する

 埼玉の奥武蔵嵐山町に遺る杉山城跡は、約20年前に訪ねていた(97.12.6)。これを知った同好の士Hさんから情報提供の依頼があり、記録を送付したことがあった。Hさんから、”素晴らしい城跡遺構”とのコメントと、最新の資料を戴いていた。それを思い出し、再訪することにし、展望塔のある近くの二ノ宮山も巡る予定にした。

 秀峰富士を眺め杉山城跡へ 武蔵嵐山へは東武東上線である。この時期、車窓からの富士展望が楽しみで、川越を過ぎ左手南西方向に真っ白な富士の秀麗を遠望した。嵐山駅で情報を得て、スタート。20年前の記憶が朧気な中、線路沿いに北上する。思ったより時間を要し、前方に城跡のある丘陵を捉えた。目標の学校や寺への進入路を上がり、積善寺前へ。前回は荒寺風であったと思うが、周囲は整備されている。
 墓地裏へ上がり、城跡大手口から見渡し、様変わりに驚いた。前回は、確かに土塁や空壕がはっきりと遺りそれなり感動したが、周囲は薮や灌木に覆われていた。それらが払われ、遺構の広がりも見える(写真上)。
 最新の資料によれば、平成14-18年発掘調査をしたとあり、その所為である。案内もあり虎口、馬出、外郭、東二の郭(写真下)から本郭へ上がる。土塁や壕は郭を囲み、全城郭が整然と遺る。振り向くと奥武蔵の丘陵群であった。土橋を確かめ、北二の郭でUターン。井戸郭とその下部に井戸跡を見た。大石で蓋され、落城後の敵への対策らしい。

 ファン垂涎の城跡遺構 城跡のファンの落語家春風亭昇太師匠も、当城も訪ねて絶賛し、 けっして大きな城ではないが、関東屈指の技巧的な縄張りを持つ城と書いている(「城あるきのススメ」小学館2017年151頁)。それも、現在もほぼ同じ形で遺る希有な城跡。発掘調査前は後北條氏築城だろうと思われていたが、15世紀後半に山内上杉氏が扇谷上杉氏に対抗するため、築いたと分かったとある。資料には、切岸(山や丘の斜面を急峻に削り敵の登坂を防ぐもの)や折れ(土塁を上がろうとする敵兵を横から攻撃出来るように土塁に折れをいれたもの)の用語が使われ不知であったが、昇太著書からその意味を理解した。

 展望塔から眺めた浅間山 下城し学校前で小憩し、二ノ宮山へ向かう。城跡見学に予定時間の倍を費やしてしまった。集落を過ぎ田園地帯へ出て、市野川を渡り、左折し関越高速下を通過。二度目で、前回は二ノ宮山が先であった。そろそろかと、前方へ目をやるが低山が重なり、シンボルの展望塔は見えない。工事中道路を過ぎ小さな峠を越すと塔が見え始めた。塔下へ上がり、疲れた脚でどうにか展望塔最上階へ。期待した筑波山は見えない。処が、反対側の望遠鏡からなんと浅間山と谷川岳が覗けた。昨年追分宿から見上げた浅間の山容は真っ白であった。帰路は直接嵐山駅へ。三角形の底辺歩きだから、そう遠くはない筈と戻るが簡単ではなく、嵐山町住宅街へ入ってからも距離があり、それでも1時間強で駅東口であった。(2019/03/04 K.K. 1241/1300)

◇日時 2019/2/18 ◇天候 晴 ◇交通費 1300円 ◇資料 嵐山町教育委員会「杉山城跡」2004年 ◇歩数等 27,000歩 19km 

「通過時間等」自宅9:25-東武成増駅9:55-同嵐山駅11:05=積善寺11:45=杉山城跡11:50/12:15=太田坊橋12:30=関越高速道路下12:40=二ノ宮山展望塔13:15/13:30=関越高速道路下13:50=川袋橋14:10=東武嵐山駅14:47-同成増駅15:50-自宅16:10

都の西北に古大木を巡る

 私のハイキング先情報は、ラジオもその一つである。朝起床時からラジオは流し放しで、TBS中心。先日、パーソナリティ伊集院光とジェーン・スーが、放送終了後大塚駅から御徒町駅迄歩き、途中本郷弓町大クスにも寄ったと聴き、興味を惹いた。ネット検索し、大クスの詳細と場所を確かめ、序で大塚天祖神社の銀杏の大木も知った。最近付いている芭蕉史跡巡りとして関口芭蕉庵を加え、都電荒川線利用を思い付いた。 

 大塚天祖神社の夫婦イチョウ 都電荒川線新庚申塚駅は、三田線西巣鴨駅から少し距離がある。都電は、私の上京時は都心を縦横無尽に走っていたが廃止され、唯一残ったのが当線で、道路ではなく自前の線路を走る。JR大塚駅前に下車し、駅前案内板で天祖神社の位置を確かめ、都電沿いに歩き駅前商店街の一画に見付かった。都心ではまずまずの境内、社殿で、先に参拝し、銀杏の古木を見上げる(写真上)。二本あり雌雄の夫婦イチョウ。一本は、中心の幹が途中からなく、空襲で燃えたとある。それでも半世紀以上頑張り樹齢600年で、回りに太い枝を広げている。カメラに収め境内を後にした。

 関口水神社の銀杏都電沿いに次の向原駅を探す。都内豊島区も山手線内の初めて歩く地で、未知の都心風景。また都電に乗り、終点早稲田駅へ向かう。鬼子母神前から学習院下を通り目白通りへ出て早稲田駅に着き、関口芭蕉庵を目指す。庵は神田川側だが、その前に次の本郷真砂坂へのバス時刻を見たい。バス停が見付かり時間を確かめ、小路から橋を渡ると関口芭蕉庵前。これまでも2,3度訪ねているが立ち寄り程度で、この度はじっくり見学したい。入口へ回ると本日閉所の張り紙。事前に調べ本日は開所の筈だが、残念。また出直す外はない。

 庵横の胸突坂を上がり、写真一枚パチリ。そして、隣の水神社へ立ち寄り簡単に詣でる。私は、門前の二本の銀杏大木が目当て(写真中)。また見上げ、今回の古大木巡りへ加え、こちらもカメラに収めた。目白通りへ戻り、バスを待つ。事前調査では、また三田線へ戻るか、丸の内線利用かと考えていたが、都バス路線を調べると直通バスがあった。 

本郷弓町大クス バスは、江戸川橋から伝通院を過ぎ春日へ出て、真砂坂を上がった。坂途中から右車窓越しに、大木が見えた。バスを降り横断歩道を渡ると、大木は正面で、樹齢600年の本郷弓町大クスはビル前に聳えていた(写真下)。近づき見上げアングルを探し、数度シャッターを切ったが逆光のようで、位置を変え改めてカメラを向けた。真砂坂下が三田線春日駅だが、隣の水道橋駅へ坂を下った。三日後、友人の生花展が湯島天神であり、大江戸線本郷三丁目駅から湯島へ。帰りに、大クスを見たくなり再訪し、春日駅迄歩いた。(2019/02/26 K.K. 1240/1300)                           

◇日時 2019/2/13 ◇天候 曇り ◇交通費 シルバーパス利用 ◇資料 昭文社「東京都市図・文庫版」2004年 ◇歩数等 11,000歩 8km 

「通過時間等」自宅9:45-都電新庚申塚駅10:20-同大塚駅前駅10:25=大塚天祖神社10:35=都電向原駅10:45-同早稲田駅11:00=関口水神社11:10=バス停関口一丁目11:25-同真砂坂上11:45=本郷弓町大クス11:50=三田線水道橋駅12:00-事務所12:20

葉山三ヶ岡山で相模湾を望む

 久しぶりの逗子、葉山である。湘南も逗子から葉山周辺は低山だがハイキングコースがあり、これまで数回は歩いている。その中で、三ヶ岡山は未踏と気付いた。気軽に歩けるコースでその内にと思っていたが、その機会が巡って来た。海を眺めるハイキングも楽しい。また弟を誘った。本日天候良く、最高19℃の予報。

 海岸回りバスで葉山へ 今回も、新逗子駅には、弟が先行していた。バス停を確かめ、バスを待った。コース入口へは歩けない距離ではないが、我々はバス利用。海岸回りのバスは、逗子から葉山へ入り、狭い通りを走り森戸神社前を過ぎて、真名瀬バス停に下車。直ぐ左の小山が目指す三ヶ岡山と思うが住宅街の裏通りへ入り、上り口を探す。一度は進入したが、道は消えてしまい戻る。
 光徳寺の先にあじさいコースの案内があり、上り始める。木製階段は急で、超低山でも簡単ではない。あじさい公園へ上がり休憩。海側が開け、小さな湾が目の前である。この時期紫陽花ではなく水仙が開いているが、数は少なく、カメラに収めるのに苦労した。

 急な階段を上下 階段は傾斜を増し、私も、時々は足を止めながら上がり続ける。弟とは開いてしまった。クスノキ樹林の下で、薄暗い位。肩へ上がり小憩し、弟を待つ。おばさん二人が越して行った。元気である。

 一登りで山頂(大峰山148m)であった。また海側が大きく開け、相模湾の眺めがよい(写真上)。カメラを構えた弟は、富士は見えないと嘆く。良く見ると雲の陰に富士の姿があるようで、それも次第にはっきりし始め、弟へ伝えた。
 当山には、東峰、山頂、青峰を巡る尾根道があり、山頂から西峰を経た真名瀬コースへ向け尾根道を進む(写真下)。樹林の間から海岸と小さな岬が覗け、波濤音も聞こえる。御用邸側と思うが、それは見えない。途中の展望デッキでは、先程のご婦人方がストレッチ体操中。こちらの下りも急で、階段を踏み外さないように一歩一歩下る。長い階段の下り道を降りると、出口には熊野神社があった。無事下山を報告し、バス通りへ出た。

 小さな漁港で昼食 真名瀬港が直ぐ先で、漁船も数隻係留してある。海産物の購入を期待したがそのような店はなく、小さな売店でしらすを求めた。昼食は、隣のレストランでシラス丼にした。
 昼食後、海岸沿いに歩いて森戸神社に参拝し、海岸へ出る。森戸には、旧勤務先の夏季海の家があり、数度来た筈で、名島は記憶にあった。裕次郎灯台はその後の命名だろう。住宅街中の狭いバス通りに、こんなに狭かったかなと首を傾げながら元町バス停まで歩き、新逗子駅へ戻った。帰宅後調べると、葉山の仙元山へ登ったのは10年以上前であった(06.2.9)。(2019/02/18 K.K. 1239/1300)

◇日時 2019/2/4 ◇天候 晴 ◇交通費 1,740円 ◇資料 京急「きままにウォーク新逗子」2004年 ◇歩数等 17,000歩 12km 

「通過時間等」自宅7:50-泉岳寺駅9:04-京急新逗子駅10:19-真名瀬バス停10:33=あじさい公園10:50=三ヶ丘山頂11:20=熊野神社11:50=真名瀬漁港(昼飯)12:05/12:25=森戸神社12:35-元町前バス停12:51-京急新逗子駅13:13-三田線三田駅14:16-自宅15:10


西川口からキューポラのある街へ歩く

 今冬は予報に反し厳しい寒さが続き、山野歩きは向かない。社寺巡りへとネット検索したら、西川口の鎮守氷川神社がヒットし、初詣者数上位の神社のようだ。荒川を挟んで、我が板橋区の隣である。これまで、ハイキング以外でも縁の薄い川口だが、安近短の地で、厳冬期の散策には好都合の地である。私はキューポラのある街位しか知識がない。

 西川口駅から青木町公園 今回はバスで赤羽駅へ出て、京浜東北線に乗り西川口駅へ向かった。同駅は多分初めての乗降と思う。東口改札口を出たが商店街とも住宅街とも付かない小さな駅前。案内図はなく、手持ち地図コピーで、青木町公園を目指し東北方向へ歩く。閑かな住宅街の先にナイター用照明塔の頭が見え、塔を頼り行くと公園前通りへ出て、野球場のある公園であった。公園ベンチで、靴紐を調整。暫く履いていない山用靴が下駄箱に見付かり引き出したが、足に合わせ紐を緩めた。

 鎮守氷川神社へ参拝 次は、鎮守氷川神社で、隣が川口オートレース場のよう。また住宅街を進むが右折が遅れたようで、レース場の先へ出てしまった。大きなスタンドが目立つが、レース中ではなく、人影もない。
 右に社林が見え、回り込んで参道から参拝。広くはない境内だが、室町期創建の古社で、立派な有人の社務所や富士塚もある。平日なのに参詣者もチラホラ。元旦は賑わう社のようだ。私も頭を垂れ、裏へ回ると樹齢400年のケヤキのご神木があった(写真上)。

 芝川遊歩道を下る 参道を出て左折し大通りを十二所神社へと新青木橋を渡る。川は大宮の方から流れている芝川と知る。住所を見ると鳩ヶ谷へ入ったようで、そろそろかな思い始めると間もなく、通りを背にした社があった。こちらは村の鎮守様程度で、小さな境内、社。社殿前で手を合わせ、通りへ戻った。先程橋上から眺めた土手下の芝川遊歩道を歩くことにする。川口市内へと下り続け、隣の流れは、まずまずの透明度。川面には鴨達も遊ぶ。

 キューポラのある街 川口の中心へ近付くに従い、右岸土手上に小さな工場が見え始めた。鋳物工場だろう。昭和40年頃は、川口を通過する京浜東北線車内から炉の炎が見えたと思う。そして、映画”キューポラのある街”の舞台になり、小百合ちゃんや市川好朗が好演したことは知られ、私も観て印象深い。旧同僚に中学時代エキストラで、小百合と共演したという、当地に住む年下の方がいた。
 堤内遊歩道もお終いになり、川原を出て青木橋を渡り、市役所前から駅前大通りで左折すると川口駅であった。橋の欄干や商店街のアーチは鋳物細工で(写真下)、川口を演出していた。(2019/02/11 K.K. 1238/1300)

◇日時 2019/1/30 ◇天候 晴 ◇交通費 300円 ◇資料 昭文社「埼玉県道路地図 川口市・草加市南部」33頁 ◇歩数等 17,000歩 12km 

「通過時間等」自宅10:35-JR赤羽駅11:27-同西川口駅11:40=青木町公園11:55=鎮守氷川神社12:20=十二所神社12:55=新青木橋下遊歩道13:05=青木橋13:30=JR川口駅13:58-赤羽駅前バス停14:10-三田線志村坂上駅14:30-自宅14:45

再び深川に芭蕉史跡を巡る

 昨年久しぶりに深川に芭蕉庵跡等を訪ねた(18.9.9)。以前栃木に雲巌寺や遊行柳を歩いて(18.4.8)芭蕉のことも書いたら、読者から栃木にも芭蕉の足跡があるのかとメールが届き、改めて芭蕉を追っていると気付かされ、それ以来おくのほそ道を意識的に歩き、久富哲雄「奥の細道の旅」を求めた。深川からの旅立ち直前滞在した採茶庵(サイトアン)跡を前回見逃し確かめたい。

 採茶庵跡の芭蕉像 地下鉄大江戸線清澄白河駅を地下から出て、駅前案内図で海辺橋の通りと確かめ、歩き出す。仙台堀川に架かる海辺橋を渡るとその袂に小さな旅装の芭蕉像があり(写真上)、採茶庵跡と解説板が立つ。芭蕉の高弟でスポンサーとも言われる杉山杉風(サンプウ)の別宅があり旅立ちに備え、芭蕉庵を処分し借宿していたのだ。カメラに収め、橋を渡り返した。
 清澄公園へ向かう。芭蕉句碑があり、初めてではない。大通りから正門へ回り込み、珍しくパスモで入園可能。元大名屋敷から財閥岩崎家庭園を経た都立公園で、中心の池には鴨が浮いている。奥に大きな句碑、”古池や かわづ飛び込む 水の音”があり、近くの芭蕉庵跡から移設したとある。池を一回りしながら前回は花友と一緒だったと思うが、何の花か思い出せない。

 臨川寺、長慶寺 持参した久富著の深川地図コピーを眺め、臨川寺を探す。寺町のようにお寺さんが多い中、地図上通りに見付かる。常陸国鹿島の根本寺住職仏頂が滞在し、芭蕉が参禅に通っていた庵があったという。その石碑があり、入口近くに建っていた。確かその後仏頂和尚は下野の雲巌寺へ移り、おくのほそ道の途中庵跡を訪ねている。

 また大通りへ出て小名木川を渡る。芭蕉庵跡はこの下流だが、今回は寄らない。深川神明宮は、小路を覗いて見付け、隣の幼稚園のお迎え時間で込み合う中、参拝。
 大通りへ戻って、地下鉄森下駅のある交差点を渡り、裏通りへ入った先の長慶寺は古く小さな寺で、狭い庭に芭蕉記念時雨塚外、石碑等があり、門人達が建てたという。

 芭蕉翁俤塚 最後の予定の要津寺へ大通りを北上し、江東区深川を出て、隣の墨田区両国へ入ったようだ。目安の鮨屋から奥へ入ると右手に目指す寺院はあった。こちらは広い境内で本堂も新しく、山門右側に、芭蕉翁俤塚と古池の句碑があった(写真下)。江戸期後期に、信奉者や蕉門俳人達が百回忌に建立したらしい。区立芭蕉記念館の古池句碑はここのを写刻したという。カメラに収め、今回の深川芭蕉史跡巡りを終え、地下鉄森下駅へ向かった。
 帰途に神保町駅で下車し山用品店石井に寄り、ストックを修理して貰った。昨年末奥多摩高水山の下りに使用して伸縮が不可になってしまったが、元へ戻った。(2019/02/03 K.K. 1237/1300)

◇日時 2019/1/23 ◇天候 晴 ◇交通費 シルバーパス ◇資料 久富哲雄「奥の細道の旅」10頁 ◇歩数等 14,000歩 10km 

「通過時間等」自宅9:40-新宿線神保町駅10:25-大江戸線清澄白河駅10:50=採茶庵跡11:00=清澄公園11:10/11:25=臨川寺11:30=深川神明宮11:40=長慶寺11:50=要津寺12:00-新宿線森下駅12:15-三田線神保町駅12:52-自宅13:30 e

大宮氷川神社から中山神社へ芝川沿いに歩く

 大宮氷川神社は、今年の初詣の有力先であったが、突然稻毛浅間神社へとなり、今回になった。昨年の正月、東浦和から三氷川神社巡りをして、最後は大宮氷川神社の予定であったが、途中の中山(中氷川)神社を探しあぐね、途中で断念した(18.1.15)。そのリベンジで、未だ小正月だからと出掛けた。

 大宮氷川神社参道 JR京浜東北線埼玉都心駅からスタート。大宮氷川神社の参道が直ぐ先にあり、入口の鳥居下から表参道へ入る(写真上)。長く真っ直ぐな参道が最奥の本殿へと続く。数回歩きいつも思うことだが、車が通り、三ヶ所ほど信号もある参道は他にあるだろうか。そっちこちを歩き神社も巡っているが、当武蔵一宮氷川神社だけのように思う。大宮駅からの道路を、信号を待って渡り進むと、参道には屋台の売店が並び、人出も増え出した。中には、振り袖姿もあり成人式か。本殿前の池に架かる太鼓橋から拝殿前へ出て、参拝。孫達の健康と成長をお願いした。

芝川土手を下る 次は中山神社だが、距離があり初めてのコース。間違わないようにと見沼田んぼを流れる芝川沿いに歩くことにしている。大宮第二公園へと境内を出て、サッカースタジアム、野球場側を通る。現在は近代的な施設だが、私が大宮に住んでいた頃は古い木造スタンド、土の県営球場で、1953年あのミスター長島が高校時代特大ホームランを打った球場であった。紅梅が咲き始めている公園を通り抜け、芝川沿いに下り始める。以前梅観に来て、次の第三公園も歩いたことがある(14.3.9)。

 本日天候良く暖かい中、芝川土手を下り続ける。ジョグや散歩の方もあり、交差しながら行く。遊歩道だが、工事中箇所もあり、時々土手を下り迂回する。川面を覗くと鴨が泳ぎ(写真下)、数羽の白鷺も見える。カメラを向けたら気付かれ飛び立たれてしまった。先に高速道路が見えだし、そろそろ中山神社へ向け、芝川を離れる頃だろう。
 中川橋を過ぎ、化学工場手前で右岸へ渡り、次の橋を渡り返し集落内へ入って、山勘で裏の畑中の農道へ。作業中の地元の方に尋ねると、方向も距離も想定通りのよう。農道から車道へ上がり、産業道路交差点へ出ると見覚えがあった。大宮氷川神社から1時間と読んでいたが、疾うに過ぎている。

 中山神社に参拝 入口から林の中の参道を進み、本殿で手を合わせた。丁度1年ぶりである。この時期でも参拝客はチラホラ。古社故だろうか。裏へ回り、保存中の桃山時代の旧社殿を覗き、社を後にし、バス停を探した。埼玉都心駅まで歩こうとも考えていたが、少し疲れた。昨年と同じ場所で北浦和駅行きのバスに乗車した。(2019/01/31 K.K. 1236/1300)

◇日時 2019/1/14 ◇天候 晴 ◇交通費 810円 ◇資料「見沼たんぼ全域マップ」、佐藤新「見沼田んぼ、三つの氷川様」新ハイキング743号100頁 ◇歩数等 23,000歩 17km 

「通過時間等」自宅8:55-JR板橋駅9:30-同赤羽駅9:44-同埼玉都心駅10:10=大宮氷川神社10:50=見沼代用水西縁橋11:10=芝川11:15=大宮第三公園11:30=中川橋12:20=中山神社12:35=富士見丘バス停12:57-JR北浦和駅13:17-同赤羽駅13:37-三田線神保町駅13:52-自宅14:15

コース採りを間違えた長津田高尾山

 購読誌から長津田高尾山を見付け(新ハイキング誌711号122頁)、その内にとリザーブしていた。我が家からのアクセスや距離も程よく、山頂神社への参拝も兼ねて、今回歩くことにした。ネットで路線検索すると、三田線神保町駅から半蔵門線、田園都市線が最も近く速いようだ。帰り掛けにお会いしようと沿線に住まう先輩Nさんへ連絡したが、ご多忙で時間がないようだ。

 東工大キャンパスへ 最寄り駅は田園都市線すずかけ台駅であり、神保町で乗り換え、長津田駅で乗り継いたが、それでも我が家から約1時間半でスタート。当地はハイキングを含めて始めてで、周囲の景色も私の予想とは大違い。沿線には住宅街が広がりそこに高尾山がポツンとあると地図から見取っていた。処が沿線東側には里山が連なり、山裾が住宅街。駅を出て坂道を上がり田園都市線高架を渡り、国道246号は高架下を抜けた。略図コースとは違い、東工大キャンパスへと進んだ。キャンパス隣の高尾山へ抜け道があるのではと考えた。案内通りでは物足りないと思ったのかもしれない。

 方向違い二度Uターン キャンパスは土手に囲まれた窪地で、奥へ進むも想定した抜け道は見当たらない。土手への獣道があったが直ぐ行き止まり。反対側に校門があると分かり大分校内を歩き、岡部門から校外へ出ると正面が里山で、高尾山かと期待し回り込んだが違っていた。バス通りを行きバス停名を確かめるが目指す名はなく、途中で反対側へ歩いていると気付きUターン。戻った二叉交差点で広い通りを取り、高速道路下を過ぎたがバス停はなく、トンネルが見え出した。スマホで検索すると、また方向を大きく違えているようだ。再び戻り、工事中の方にバス通りを確かめ、二叉交差点の狭い通りへ入る。

 高尾山飯縄神社参拝 山裾のバス停が高尾下で、ようやくコースに乗る。坂道を上がり山裾を回り込み料亭前を過ぎると、”飯縄神社(高尾さま)”標柱があった。そして、畑中の進入路・参道の先に小さな社があった(写真上)。先ずは参拝し、由緒書きを読む。やはり、江戸期にあの高尾山薬王院の飯縄神社より勧請したとある。神仏混淆の時代のことのようだ。丘のトップで、社の裏には、東工大校舎が見える。西側に展望が広がり丹沢連峰で、左手の高峰は大山だろう(写真下)。デジカメを出しシャッターを切った。裾の道路へ戻り、246号を渡って、往きの東工大への通りを横断し、すずかけ台駅に着く。コンビニでサンドイッチを求め、乗車。帰途に荏田城跡も考えていたが、その気力は失せ江田駅をスルーした。長津田高尾山へは辿り着いたが、二度も方向を誤り、やはり、今回も地図読みの甘さが出てしまった。反省である。(2019/01/27 K.K. 1235/1300)

◇日時 2019/1/10 ◇天候 曇り ◇交通費 990円 ◇資料 中村均「長津田高尾山」新ハイキング711号122頁 ◇歩数等 10,000歩 7km 

「通過時間等」自宅9:55-半蔵門線神保町駅10:36-田園都市線すずかけ台駅11:40=東工大岡部門12:00=長津田高尾山飯縄神社12:55=田園都市線すずかけ台駅13:26-三田線神保町駅14:34-自宅15:10

稲毛浅間神社に詣で、旧友と交換する

 2019年の初詣ハイクは、大宮氷川神社から中山神社を考えていた。昨年の正月に歩き残していたからである。年賀状が届き、一変した。体調を崩し療養していた旧友が、回復状況を知らせてくれた。丁度、年末に入手した初詣情報の中に、唯一未訪の稲毛浅間神社を見付けていて、彼は稲毛在住である。携帯で交換し、出掛けることにした。北海道から長女が孫4人連れ来宅しているが、了解してくれた。

 地図で調べると、最寄り駅は京成千葉線京成稲毛駅で、待ち合わせるJR京葉線稲毛海岸駅へは直線で徒歩30分程のよう。私は、神保町駅へ出て、都営新宿線終点本八幡駅で京成線に乗り換え、津田沼駅で京成千葉線にまた乗り換えた。この線は初乗車。JR総武線と並行していたが次第に海岸寄りへ入り、京成稲毛駅に着いた。改札で、稲毛海岸駅へは徒歩20分と教えて貰った。

 稲毛浅間神社で初詣 駅の直ぐ先が浅間神社の裏参道で、松林の中の坂道を上がる。本日は正月も6日だが人出は多く、日曜日の所為か。 表参道正面へ回り、一応手を洗い、石段から本殿前へ進む。先ずは参拝し、孫達の健康等をお願いする。ハイキングバックに手を入れたが小銭はない。最近カード類利用で、特に小銭入れは持たない。神様申し訳ありません。この次埋め合わせさせて下さいと伝えたつもり。当社は、平安期創建の古社だが、安産、子育てに霊験がある神のようだから、待ってもらえるだろう。狭い境内にテントが立ち並んで、おみくじや熊手、破魔矢の販売をしていて、白衣緋袴の巫女さんが目立つ(写真上)。

 裏参道から大通りへ下りて、稲毛海岸駅へ向け歩き出す。大きな十字路を渡ると右手は公園で、左手は団地。約20分と読んでいるが不確かで、待ち合わせ時間が迫ってくる。前方の建物が次第に大きくなり、その中に高架鉄道が見え、京葉線だろう。手前で、いつもの山勘で左へ近道すると、稲毛海岸駅であった。反対側広場へ出て、見覚えがあることに気付き、一度乗降したことがある筈(写真下)。海岸にある花の美術館を訪ねた時である(12.10.27)。帰宅後記録を調べるとコスモス観賞であった。

 稲毛海岸駅で旧友に会う 時間通り、Oさんが見えて、挨拶もそこそこに駅前ビルの蕎麦屋さんへ。新年と健康回復を祝し乾杯。彼は引き締まったようで、リハビリの成果だろう。逆にこちらの体重オーバーを心配されてしまった。孫とのふれあいや、旧友仲間達の情報を交換した。帰り際、歩き足りない私は、近くの神社を尋ねると検見川神社があるが、タクシー利用という。それじゃ次回にしようと、検見川浜駅で彼に別れ、帰路に就いた。Oさん有り難うございました。またお会いしましょう。(2019/01/21 K.K. 1234/1300)

◇日時 2019/1/6 ◇天候 晴 ◇交通費 630円 ◇資料 「JRで初詣」2018年12月 ◇歩数等 9000歩 6km 

「通過時間等」自宅9:55-都営新宿線神保町駅10:38-京成本八幡駅11:19-同津田沼駅11:39-同稲毛駅11:45=稲毛浅間神社11:50=JR稲毛海岸駅12:25/13:27-同南船橋駅13:39-同西船橋駅13:48-都営新宿線本八幡駅14:00-三田線神保町駅14:27-自宅15:10

友人と両毛線から八高線へ乗り鉄を楽しむ

 本年最後は乗り鉄にした。今年から始め、ローカル線の旅を数回経験している。今回は、両毛線を乗り切り、高崎駅で八高線へ乗り換え高麗川駅から川越駅経由で戻るコース。いつも車でお世話になっているSさんを誘ったらオーケーで、同行が決まった。埼京線武蔵浦和駅が起点、終点である。

 駅弁を求め両毛線へ 武蔵浦和駅に集合し、ホームから富士の秀峰を眺めてスタート。大宮駅で宇都宮線に乗り換えた。広い関東平野を走り、右手に筑波山が見え始めて小山駅に着く。高崎行き乗り換え時に、弁当と地酒”雄東”を求めた。乗り鉄の楽しみの一つである。両毛線ホームが離れていて(写真上)、一度利用したことを思い出した。佐野厄除け大師参拝の時(17.1.27)だったろうか。

 4両電車は北関東里山の裾を走った。私は、数回乗ったが乗り切ったことはない。Sさんは初めての乗車という。栃木駅、大平下駅、岩船駅は乗降したことがあり、いずれもハイキングである。佐野駅、足利駅を通過。駅周辺には市街地が広がる。あしかがフラワーパーク駅へは、花友を案内したが藤の花は時期が早かったという苦い思い出がある。

 12時近くなり、2人は弁当を広げ、地酒カップを出した。私は紙コップを持参。Sさん嗜む程度で、大半は遠慮なく私が戴く。足利駅からは初めての乗車区間。桐生は繊維の街、国定はあの忠治の生まれ故郷だろう。伊勢崎駅を過ぎ前橋駅、高崎駅が近いと思ったが、前橋、高崎間に三つもの駅があった。利根川鉄橋を渡る際、右手の高いビルは群馬県庁で、ニューイヤー駅伝のスタート地とSさんへ紹介。この時期2人は、母校のシード確保を願う箱根駅伝の方が気になっている。

 ホームグランド奥武蔵を走る 高崎駅に着く。両毛線は通常2時間強を要するが、私どもは1時間50分。車中Sさん、単線なのに交換待ちが少ないと呟いたが、その所為だろうか。駅通路には、高崎名産の大きな達磨が飾られ(写真中)、正月が直ぐだ。

 高麗川行き八高線は二両の列車で、ローカル線らしい。ネットで調べると、高崎、高麗川間は北線、八王子、高麗川間は南線とあり、今回は未電化の北線乗車。田園地帯を走り、群馬藤岡駅は初めてと思ったが、児玉駅で思い出した。奥武蔵官ノ倉山を越し竹沢駅で飛び乗り高崎駅へ出て猿ヶ京での忘年会へ出たことがあり(94.12.23)、北線は乗り切っていた。寄居駅からは、自称私のホームグランド奥武蔵エリアで、周囲には見覚えがある山が多い。越生駅で、”1000回記念の山はここだったね”(大高取山15.10.25)とSさんが思い出してくれた。高麗川駅で乗り換え時改札を出た。数度利用したが小さな田舎駅は改装されていた(写真下)。同駅から川越行きに、川越駅で新宿行きに乗り換え、武蔵浦和駅に到着し、軽く反省会。Sさん、乗り鉄お付き合い有り難うございました。またお願いします。
(2018/12/31 K.K. 1233/1300)

□日時 2018/12/30 □天候 晴 □交通費 青春18切符4 

「通過時間等」自宅8:15-JR板橋駅8:52-同武蔵浦和駅9:16-同大宮駅9:37-同小山駅11:02-同高崎駅12:50/13:34-同高麗川駅15:26-同川越駅15:52-同武蔵浦和駅16:21/16:55-三田線新板橋駅17:25-自宅17:55 ont-famil

南武線宿河原から長尾の里を歩く

 神奈川のハイキングガイドブックに是非歩きたいコースを見付けた。今春、弟と川崎の枡形山から東高根森林公園を歩いた(18.2.11)が、コースを誤り、肝心の長尾神社、五所塚、等覚院を迂回してしまった。それらが、ガイドブック掲載の川崎長尾の里めぐりコースにそっくり含まれている。弟へ連絡し、同行が決まった。彼とは、夏の那須殺生石(18.8.27)以来である。

 長尾の里は崖上 JR南武線宿河原駅集合とし、私は、三田線で目黒駅からそのまま武蔵小杉駅へ出て、南武線へ乗り換えた。宿河原駅に降りると、いつものように弟が待っていた。

 駅に案内パンフはなく、持参ガイドマップに従い、駅前市街地の広くはない通りを進み川崎市緑化センター前で、川沿いに右折。一羽の鷺がいたが、期待反し弟は興味を示さずカメラは出さない。右往左折を繰り返し、府中街道を渡って、長尾地区へと坂を上がった。途中、マップにある梨畑側を通り間違っていないようだ。

 当地は、南武線と並行し高い崖が続き、多摩川の河岸段丘だろう。前方に寺が見え、妙楽寺で2人で参拝する。あじさい寺とあり、古刹のようだが由緒書きはない。坂を上がり続けると、直ぐ先が長尾神社。広い境内にシンプルな社殿が鎮座し(写真上)、歴史ありそうな神社。また詣でる。

 五所塚、等覚院 次の五所塚へは、マップを見誤り少し歩いてから方向違いに気付き、通り掛かった方に教えて貰い戻ると、神社の直ぐ隣であった。五つの塚があるが遺跡ではなく、民間信仰のものらしい。ベンチで休憩すると弟がザックから私の好物の瓶を出し、重いからと渡してくれた。正月用かと遠慮なく戴いた。弟は、私とは大違いで全くの下戸。

 長尾の里案内板があり、次の等覚院への道順を確かめ、坂を下る。階段は湿り滑らないよう慎重に降りる。立派な山門前へ出て(写真下)、こちらも、つつじ寺と呼ばれる等覚院で、霊場札所の名刹のよう。手を合わせ、僅かな賽銭で家族の健康と成仏をお願いした。一旦大通りへ下り、東名高速高架下を抜け、また高速沿いに坂を上がる。

 終点の駅違い ここら辺りから、前回歩いた東高根森林公園への道と分かり始める。坂上が同公園で、今回は公園前を素通りし緑が丘霊園へ入り、崖上の前回コースを逆に行くが、下り始めてこれが失敗と知る。今回コースの終点は南武線津田山駅の筈だが、鉄道線路が見え始めるも駅の位置が違う。一つ手前の久地駅であった。霊園を直進したが、マップを眺めた弟が、右へ回り込むのが今回のコースと気付いたが遅かった。駅前の小さな商店街で食堂を探し、昼食。久地駅で、弟は登戸駅、私は武蔵小杉駅へと分かれた。帰宅後、私は弟に貰った瓶をザックから出し、台所に保管した。(2019/01/13 K.K. 1232/1300)

□日時 2018/12/27 □天候 晴 □交通費 740円 □歩数等 13,000歩 9km □資料 山本正基「かながわのハイキングコースベスト50 長尾の里めぐり」30頁 

「通過時間等」自宅8:15-JR武蔵小杉駅9:39-同宿河原駅10:00=川崎市緑化センター前10:20=妙楽寺10:30=長尾神社10:40=五所塚11:00=等覚院11:20=東高根森林公園前11:40=緑が丘霊園11:50=JR久地駅(昼食)12:00/12:36-田園都市線武蔵小杉駅12:52-自宅14:10